Thursday, January 23, 2020

EB GUIDEの最新バージョンがリリース複雑さを増すヒューマンマシンインターフェース(HMI)をより簡単に開発するための追加機能をご紹介します。

Bruno Grasset

エレクトロビット(EB) は、最先端のHMIを作成する、エンドツーエンド(E2E)のHMI開発プラットフォーム、EB GUIDE の最新バージョンをリリースしました。コネクテッドカーや車載ディスプレイの大型化に伴い、ユーザーはさらに多くの情報にアクセスできるようになりました。これによりインターフェースの利用がますます複雑になっています。そして、自動車メーカーや部品メーカーによる設計や開発、メンテナンスも複雑さを増しています。こちらの記事では、最新のEB GUIDE に追加された機能で、HMI開発を加速して、新しくシンプルでユーザーにとって魅力的なインターフェースを開発する方法についてご説明します。最新の EB GUIDE リリースなら、チームの効率がさらに向上します。新しいリリースで時間とコストを削減しましょう。

 

モジュール化 – 分割して生産性を向上させましょう

EB GUIDE ツールチェーンが提供するモジュール化で、開発者はユーザインタフェースを複数の個別パーツとしてモデリングできます。この機能を使用すると、以前のバージョンでもユーザーインターフェース(UI)モデラーとしてUIを個別にモデル化できる複数のパーツに分割できました。モジュール化に関する最初のブログ投稿はこちらからお読みくださいこちらの最新バージョンでは、複数モデルの管理がさらにシンプルになります。モデルインターフェースをモデルレベルで定義し、直接 EB GUIDE Studio 内で分散開発環境でのコラボレーションを向上させることができます。この独自の機能により、複数の開発者が全体的なUIのさまざまな HMI モデルを同時に開発することができ、チームのコラボレーションと生産性を向上させ、開発時間とコストを削減できます。モジュール化の詳細はこちらから

相互運用性 – EB GUIDE API によるシームレスな UI 開発ワークフロー統合

最新の EB GUIDE リリースでは、さらに EB GUIDE API を公開しました。詳細なインターフェース資料が付属しているのでEB GUIDE 製品ライン(Studio、Monitor、GTFなど)の各製品の組込機能を拡張することができ、開発ツールチェーンにシームレスに統合することも可能です。EB GUIDE API の操作例や、さらなる追加リソースをご覧ください。  

ユーザーエクスペリエンス(UX) – より迅速に目標を達成 Studio エクスペリエンスの改善点

エレクトロビットのUX 設計者と開発チームは、今回リリースされた EB GUIDE Studio でエクスペリエンスをさらに向上させることに尽力しました。

  • 新しいステートエディターで簡単にスプラインなどの遷移線をドラッグして、遷移とステートの概要を見やすくすることができます。
  • ズームイン/ズームアウト時に、ビューペインとズームスケールとの間でマウスを移動するのに時間を費やしていませんか? おまかせください! Ctrl を押しながらホイールボタンを回すか、一般的な Ctrl+、または Ctrlショートカットを使用して行うことができるため、作業が迅速になります
  • 洗練されたグラフィックエフェクトを追加したい場合 新しいカメラウィジェットをお試しください。これまでにないほど、さらにシャープでリアルな外観のビジュアルを作成できるようになりました。フォントメトリックスという新ウィジェット機能を追加し、マルチフォントサポートの使用時の文字の操作が簡単になりました。マルチフォントサポートによる効率化の方法はこちらをご覧ください。多数のテンプレートがある巨大なモデルで作業する場合 EB GUIDE Studio の独立したパネルで、任意のテンプレートプロパティを簡単に検索することができます。

さらに新しい機能のご紹介です。その他の新機能についてはこちらをご覧ください。

今すぐモデリングを始めましょう。

従来通り、次のリソースが更新され、利用可能になりました。EB GUIDE のコミュニティエディションをダウンロードする更新されたリリースノート更新されたユーザーマニュアルをダウンロードする更新されたチュートリアルにこちらからアクセスする更新された機能のデモとサンプル、カスタムウィジェットをダウンロードするEB GUIDE のトレーニングコースに登録する