EB GUIDE Graphics Target Framework (GTF)

ブランド力は、ヘッドユニットやヘッドアップディスプレイ(HUD)、クラスターメーターなど、車載 HMIに表示されるイメージやテキストにも現れます。EB GUIDE GTF は、EB GUIDE Studio で開発された強力なグラフィカルインターフェースの高い表現力と車載の対象デバイス上での確実な動作を保証します。

 

 

 

EB GUIDE Studio で
仕様を作成、設計、開発する

> 詳細

 

 

EB GUIDE Monitor による
デバッグする

> 詳細

 

 

EB GUIDE GTF で
導入する

> 詳細

利点

複数の対象デバイスでスケーラブルに動作

グラフィクスは車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)、ノーマルまたはフルグラフィカルクラスター計器、ミディアムおよびプレミアムヘッドユニット、産業用アプリケーションで描画されます。

複数のプラットフォームに導入

複数のオペレーティングシステムを実行している対象デバイスやさまざまなハードウェアで、HMI モデルを使用できます。EB GUIDE GTF はハードウェアや OS に依存しません。

ユーザーが実際に見る内容を確認できます。

EB GUIDE Studio では、モデルの開発段階で EB GUIDE GTF を使用して描画しているため、ユーザーがデバイス上で見る内容がそのまま表示されます。

スムーズな統合

基板となるアプリケーションから抽象化して、HMI レイヤーをスムーズに統合できます。

特徴

  • 組み込みエフェクトのエフェクトライブラリー(彩色、回転、スケーリング、シアリング、変換)
  • 外部アプリケーションのインターフェースにより、制御ユニット上のアプリケーションと直接かつ迅速に通信します
  • グラフィクスおよびハードウェアのアクセラレータを最大限に利用します
  • 将来のソフトウェア規格及びハードウェアへの対応が可能です
  • 実際のハードウェアに搭載される OpenGL ES 2.x および OpenGL ES 3.x を利用します
  • 対象デバイス上で最高の性能が発揮されるよう、 C++ でプログラミングされています