オフロード車

非常に複雑で多数のスイッチやノブを使って操縦するオフロード車のメーカーは、業界の電力効率と熱効率の要件を満たす、機能的で直感的な UI を備えた高品質のグラフィカルディスプレイを通し、接続されたセンサーやシステムと簡単にやり取りする UI を、EB GUIDE を使用して構築できます。

PistenBully 社向けの EB GUIDE のヒューマンマシンインターフェース(HMI)実装の成功例をお読みください。

PistenBully 向けのタッチスクリーン HMI

Kässbohrer Geländefahrzeug AG 社は、 PistenBully または BeachTech というブランド名で、除雪車およびビーチ清掃機器の製造販売を行っており、両製品分野で世界的なリーダーです。RAFI 社はヒューマンマシンコミュニケーション向けのシステムとコンポーネントの開発、製造をしています。たとえば電気機械部品、操作パネル、タッチスクリーン、キーボード、および ECU などです。課題 除雪車の複雑な機能はその数が増加しており、デバイスを操作するためのスイッチやノブの数が膨大になってきています。そのため PistenBully 社は、HMI としてタッチスクリーンソリューションに切り替えることにしました。新しい HMI コンセプトは、ユーザビリティの向上、柔軟性の増加、生産コストの削減を実現するものでなければなりません。

 

ソリューション PistenBully 社は ハードウェアメーカーとして RAFI 社、ソフトウェアサプライヤーとして Elektrobit(EB)を選び、新しい HMI ソリューションをセットアップするための完璧な開発チームを結成しました。RAFI はタッチスクリーンハードウェアを準備し、EB はソフトウェア開発キットと HMI アーキテクチャーを提供しました。その後 PistenBully 社は HMI 開発をスムーズに引継ぎ、HMI ツールとして EB GUIDE を使用して短期間に完成させ、お客様のニーズに合わせて調整できました。準備されたソリューションは、まず PistenBully 600 F に搭載されました。ほかの車両にもまもなく搭載されます。

メリット PistenBully 社は現在、高いユーザビリティと柔軟性を備えた最先端の HMI を、強固で忠実な顧客ベースに提供しています。PistenBully 社は、EB GUIDE を使用して開発作業を自社で引き継ぐことにより、このメリットを迅速かつコスト効率良く実現する方法を見出しました。