06-07/2020 ニュースレターの表示言語:
NeurEco—自動業界に向けた節約型ニューラルネットワーク
ディープラーニングでリソースを節約しましょう
NeurEco は開発時間を短縮して、計算リソースを削減、より少ないリソースでより多くの成果を得られるニューラルネットワークです。

複雑な AI (人工知能)を、マイクロコントローラユニットに組み込む方法をご説明します。ADAGOSとコンチネンタル、エレクトロビットの共同ウェビナーで、エレクトロビット パートナーシップマネジメントのヨーロッパ地域のヘッド、 Franck Desaulty の見解をご覧ください。
動画を見る
ADAS ECU の検証用スケーラブル HiL ソリューション
ペタバイト規模の検証データにはスケーラブルなソリューションが必要です
ADAS(先進運転支援システム)ECU の検証では、開発者はペタバイト規模の車両テストデータの取り込み、追跡、再処理をしなければなりません。 大量のデータを、どうしたら効率的に管理できるでしょうか。

数百もの HiL ユニットを並列実行したスケーラブルなサーバーファームを使用してECU の機能性のテストと検証を行う、HiL(Hardware-in-the-Loop)ソリューションに関する弊社の洞察をご紹介します。

無料のウェビナー録画をご覧ください!
動画を見る
エレクトロビット シニアマネージャー、Dr. Joachim Schlosser
組み込み車載ソフトウェア向けのスクラムが想像以上の威力を発揮する理由
アジャイルソフトウェア開発方法論は、より良い成果をより速く得られるようにするものです。しかしこれは、ほとんどの開発者にとって、既存のプロセスより厳格さを増していることも意味します。

エレクトロビットのシニアマネージャー、 Dr. Joachim Schlosser が、スクラムが組み込みシステム開発の最善である理由をご説明します。その理由は、意外なところにあります。
動画を見る
自動運転実現までの工程
自動運転車の量産に必要なプロセス
エレクトロビットが、最新機能の作成とテスト、インテグレーションをサポートします。弊社は、具体的な専門知識をご提供します。
  • ECU の検証用ソリューション
  • eホライズンで車両の認識力を向上
  • 早期のプロトタイプから SOP とそれ以降まで、包括的なエンジニアリングサポートをご提供
詳細
EB robinos Predictor 評価キット
R&D 向け eホライズンを簡単に作成する方法
eホライズンのパフォーマンス評価に使用できるスタンドアロンの Raspberry Pi デバイス、EB robinos Predictor 評価キットを詳細にご紹介するウェビナー録画をご覧ください。

ウェブインターフェースと組合せて、ユーザの開発環境でeホライズンを簡単に作成できます。
動画を見る
エレクトロビットと emlix、ELISA ワークショップに向けてのパートナーシップ
ELISA(Enabling Linux in Safety Applications)オープンソースプロジェクトの詳細
The Linux Foundation の 5 月の ELISA ワークショップに向けて、IEC 61508 自動車の安全環境(SIL-2)Linux を適用するための内部構造を分析するため、エレクトロビットと emlix がパートナーシップを組みました。
オープンソースプロジェクトに貢献して、洞察を深めるためのセッションを共有することができれば幸いです。
録画を見る