EB ニュースレター 08/2020
202010 ニュースレターの表示言語:
エクイニクス・ジャパン CVST Forum: 自動運転の検証の課題についてエレクトロビットのエキスパートが講演
エクイニクス・ジャパン CVST Forum: 自動運転の検証の課題についてエレクトロビットのエキスパートが講演
自動運転の開発・検証では、増大するデータ量や加速する複雑性、開発サイクルの短縮など、さまざまな課題が発生しています。

エクイニクス・ジャパンがConnected Vehicle Smart TransportationCVST)のパートナー企業と共にADAS・自動運転にフォーカスしたイベント、” Equinix Japan CVST Forum 2020 - Connected Vehicle Smart Transportation - ”で、エレクトロビットのエキスパートが自動運転の開発・検証をテーマに講演を行います。

講演では、エレクトロビット日本のCMSシニアソリューションエンジニアである堀部兼一がクラウドプラットフォームを使用してテストドライブを効率化することで量産を加速し、自動運転の開発への投資コストを大幅に削減するツールチェーンについてご説明します。

講演はウェビナー形式で1117日の1625分から行われ、1650分からは ライブでのQ&Aセッションもあります。

イノベーションの創出を支援するイベントに是非ご参加ください。
イベント詳細
ACC で従来の HPC アプローチを見直しましょう
ACC で従来の HPC アプローチを見直しましょう
次世代自動車をソフトウェアで機能が定義されるモバイル IoTデバイスに変えるという課題に取り組もうとしておられる方も多いことでしょう。未来の自動車にはさらに強力なECU(電子制御ユニット)を搭載する必要があります。また、規制の強化に伴い、最高のコンピューティングパフォーマンスが必要になります。

EBは、ACCAutomotive Computing Conference2020 で、自動車業界における従来のアプローチを見直して、業務の最適化について考察します。ACC では、業界のエキスパートが以下のトピックで講演を行います。
  • 自動車の機能をソフトウェアで定義: 可能性と課題
  • 車載用コンピューティングプラットフォーム
  • 機能安全
その他幅広いテーマでお話します。

オンサイトまたはオンラインでご参加ください。
チケットを入手
テストに適したアーキテクチャー
テストに適したアーキテクチャー
HiLHardware-in-the-loop)ソリューションはテストドライブデータと、そこから派生する合成データを利用して、ADAS(先進運転支援システム) および AD(自動運転) の開発・検証を行います。

Amazon Web ServicesAWS)による直近のブログ記事では、EBHil サーバーファームでECU機能をテストするために、テストドライブのログデータがAmazon S3にどのように保存されるのかをご説明しています。

EBのソリューションにより、自動車メーカーは、並列して動作する大規模な HiLサーバーファームを最適に統制・分配し、数千マイルの運転時間のデータ検証に必要な時間を削減できることが強調されています。工程を加速させて、開発にかかる時間を短縮させましょう。
詳細