By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

EB Connected Car セキュリティ

 

サイバー攻撃からコネクティッドカーを保護

コネクティッドカーが増加するにつれてセキュリティ関連のリスクが高まります。コネクティッドカーの時代以前は、車に侵入するために侵入者は物理的にアクセスしなければなりませんでした。今日、多様なワイヤレスアクセスポイントがよりさまざまな選択肢をハッカーに与えています。

EB は、車両を保護し、自動車メーカーのソフトウェアプロジェクトのセキュリティを確実に強固にするために、多大なリソースおよび努力を払っています。EB は、自動車メーカーと協力し、「no security by obscurity」などのセキュリティ原則にのっとり、攻撃者がシステムおよびメーカーの開発者や社員を熟知しているものとの仮定に則ったセキュリティ対策を実施しています。

機密性の高い接続は、リモート診断などのソリューションの新しいビジネスモデルの基盤となっています。EB のセキュリティ対策ソリューションは、既に何百万台もの車両に搭載され、確固とした基盤を提供しています。

6_EB_セキュリティ

利点

豊富な車両セキュリティおよび機能安全の経験をもとに

自動車業界は、より長い間サイバーセキュリティを取り扱ってきた他の業界から学ぶことが可能です。しかし自動車産業に特有の問題もあります。EB は20年以上の長きにわたり、自動車産業のセキュリティに携わってきた経験を持ち、信頼のおけるパートナーとして支援を続けています。セーフティ関連機能のセキュリティ要件を EB は熟知しています。

高い機密性の接続と高い信頼性のエンドポイント

安全性の高い接続は、将来のイノベーションの基礎となります。このイノベーションは、接続性に依存しており、自動車や車両からサーバーまでの安全な接続が提供されなければなりません。

包括的アプローチ

安全な車両を製造するには、接続されたすべての要因を考慮に入れ、かつ全体的な視点からのアプローチをとる必要があります。EB は、ソリューションに関わる多様なECU、サーバー、およびシステムに関して、全体的なセキュリティ対策を視野に入れています。

消費者のプライバシーの保護

消費者のプライバシーの問題への懸念は増大しています。消費者はコネクティッドカーで提供される機能のプライバシーへの影響に関して認識しています。顧客の信頼の維持のためには、自動車メーカーはデータライフサイクル全体を通じてプライバシーを確保する必要があります。

6_商品連関図_ConCar_サイバーセキュリティ

主な機能

  • AUTOSAR に準拠する標準化された効率的な組み込み暗号化アーキテクチャ
  • 車とクラウド間の安全な接続
  • トークンベースの認証
  • バックエンドシステムのライブ監視
  • 実装ソフトウェアの脆弱性監視

 

EB Connected Car のセキュリティ関連商品、ソリューション、およびサービス

EB cadian

10年の長きに渡り培ってきた EB の診断専門知識を活用した接続によって、インテリジェントなリモート分析サービスの提供を実現します。

EB のover-the-airソフトウェア更新ソリューション

車両のライフサイクル全体にわたりソフトウェアを最新の状態に維持します。

 EB velima

 音声入力による顧客満足度の情報を提供するサービスです。 耳を傾け、知る。

 EB の他商品およびサービスとの統合

EB corbos

ハイパフォーマンスコントローラー向けのAdaptive AUTOSAR製品群

EB tresos

ECUにおけるオペレーティングシステムは、診断やセキュリティ対策などを可能にする技術の基盤です

機能安全

ASIL D までの ISO26262 に準拠したAUTOSAR。

EB robinos

自動運転システムに向けた、包括的でハードウェア非依存型のソフトウェアソリューション。

Software for the automotive industry