By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

ソフトウェアファクトリー

今日の自動車システムの構築において、ソフトウェア開発上の課題は一層複雑化しています。伝統的な開発プロセスやツールでは、開発チームが課題に対処しきれない場合が増えています。

06_Software_Factory

複数の入力と出力

運転支援、インフォテインメント、あるいは電子制御ユニット (ECU) システムなどの車載システムにおいては、単一の制御ユニットが多種多様のメーカーが製造した多くのセンサからのデータおよび信号を受信し、処理することができなければなりません。これらのデータおよび信号を入力として、車載制御ユニットは正常に機能を実行し、ステアリングやブレーキなどの安全上不可欠なシステムを含め、他のシステムに正しい出力データを提供する必要があります。

失敗は許されません。

つぎはぎのシステム

革新的な自動車の機能に使用されるソフトウェアは、多様な製造元のモジュールおよび全く異なるタイプのセンサを搭載しているケースが増えています。従来のセンサからのデータに加え、いまや車載システムは地図データ(eホライズン) および他の車両からのデータ (Car2x) を組み込む必要があります。

さらに自動車メーカーは制御デバイスを統合するため、それぞれ独自に機能を開発しています。これは、自動車メーカーが競合他社との差別化をはかり、競争上の優位性を目指す上での「高品質な」顧客向け機能を実装する唯一の方法となっています。

代表的な最先端システム

06_Software_Factory2

需要を満たすソフトウェアファクトリー

従来のソフトウェア開発手法では、車載ソフトウェア開発プロジェクトが直面する複雑性を効果的に支援しきれません。

EB Automotive はこの課題を克服するために「ソフトウェアファクトリー」というコンセプトを導入しました。これは既に複数のプロジェクトで使用された実績のあるコンセプトであり、継続的なソフトウェア開発を実現します。

ソフトウェアファクトリーでは、プロジェクト参加者全員のために標準プロセスが定義され、「生産ライン」で生成されるあらゆるデータの評価と運用を最適化する高度なデータ管理コンセプトが提供されます。

ソフトウェアファクトリーのハードウェアおよびツールは、仮想ツール環境上で複数の制御デバイスに利用することができます。生産ラインでは、あらゆる派生車種・仕向けに対応する制御デバイスのソフトウェアスタックが生成されます。ソフトウェアファクトリーでは、自動車メーカーはブランド独自の「運転体験」にフォーカスし、サプライヤーはシステム全体の機能を最適化することが可能であり、ソフトウェアのサプライヤーは多種多様の車両に対応する実装の効率化に専念することができるのです。

Software for the automotive industry