By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

エレクトロビット、VWの革新的な車両アーキテクチャ開発を加速

Products: EB corbos, EB tresos
Categories: AUTOSAR, Connected Car

チャレンジ

世界有数の自動車メーカー、フォルクスワーゲンは、革新的な電気自動車ファミリー、新型「ID.」の開発で、電動化とコネクティビティを推進してきました。
新型「ID.」は、インターネットとのコネクティビティやOTA(Over The Air)更新・アップグレードを最大限に活用するように設計されています

課題

  • フォルクスワーゲンは、「ID.」 ファミリーで全く新しい 車両アーキテクチャを導入
  • 自動車に備えられている ECU は 約100 個 、これらを接続する電気配線は 3~4km。車両内空間は既に限界まで活用
  • 目標を達成するにはより高い演算能力に加え、Linux や Adaptive AUTOSAR など、新しい動的システムが必要
VW

 

ソリューション

エレクトロビットの新しい車両アーキテクチャは、ソフトウェアが機能定義する車両の基礎となります。エレクトロビットの「ソフトウェア プラットフォーム」が提唱するアーキテクチャとソフトウェアの設計は、静的で個別動作のECUが付加的に統合ECUと協調していた設計の先を行くものです。エレクトロビットの高性能コンピューティング(HPC)用の「ソフトウェアプラットフォーム」は、ハードウェアの演算能力を最大限に引き出します。

メリット

新しい中央 集約型ECU アーキテクチャで、最先端の ミドルウェアと組み合わされます。購入から廃車までのライフサイクルを通して更新が可能で、改善することができる堅牢なソフトウェアプラットフォームにより、大きな増加が予想されるオペレーション効率を大幅に向上させることができます。

将来的に新しいハードウェアとソフトウェアの統合を簡易化して、車両の安全性とセキュリティを向上させることができます。

エレクトロビットの付加価値

フォルクスワーゲンの次世代コンパクトEV「 ID.」 は、2020 年に出荷が開始され、「ID. CROZZ」や「ID. BUZZZ」、「ID. VIZZION」の各モデルがこれに続きます。
エレクトロビットのソフトウェアは、車両の安全性と信頼性を高めて、革新的なクラウドサービスの利用を可能にします。

 

VW Ralf Brandstätter

「フォルクスワーゲンは電動化を強力に進めています。これに伴い、強力なパートナーとの協業が必要です。フォルクスワーゲン 「ID.」には、業界で最も革新的な企業各社からの技術とアイデアが採用されています。」

フォルクスワーゲン
調達部門役員
ラルフ・ブラントシュテッター氏

Software for the automotive industry