ISAで運転をより安全に

ISAを活用した安全運転の取り組み

カメラとデジタルマップ、eホライズンの融合

 

目次

  • ISA(自動速度制御装置) とは
  • 現実世界の課題
  • 実装アーキテクチャのシナリオ
  • まとめ
 

概要

ISA(自動速度制御装置)は、ドライバーが法定速度制限をより確実に認識して、事故の頻度および深刻度を軽減するのに役立ちます。車両タイプによっては2022 年以降に必須要件となります。

コンチネンタルとHERE Technologies、エレクトロビット(EB)が共同で発表したこちらのホワイトペーパーでは、ISAが自動車業界における標準の機能となることで発生する課題を明確にしています。また、車載カメラのみを使用する基本システムから、カメラや位置データ、デジタル マップ、およびe ホライズン テクノロジーを組み込んだ、より洗練されたアーキテクチャまで、具体的なシステムの実装方法についても説明します。

 

媒体の種類
ホワイトペーパー

 

関連のあるコンテンツ

EB robinos Predictor 車載eホライズン ソリューションにより、前方の道路に関する正確なリアルタイムの情報を取得

EB robinos Predictor Eval KitR&D活動に向けた、堅牢で生産準備の整った ADASIS プロバイダー

コンチネンタルの eホライズンのマップオンデマンドサービスは、コネクテッドカーの車両とドライバーに常に最新の地図情報を提供して、前方の道路を確認できるようにします。

HERE HD Live Mapは、自動運転ソリューション向けのインテリジェント センサー データを提供します。

 

Click on the button to load the content from Pardot.

Load download form
Learn more