本サイトをご利用いただくことにより、分析のためのcookiesの使用に同意いただくことになります 詳細を見る

リーンソフトウェア開発

継続的な改善ではもはや十分とは言えません。今日の自動車開発においては、打ち破るような変革と急速な進化に対応できなければなりません。プロセス、方法、ツールの導入だけではなく、新しい文化を確立し、リーダーシップを再定義し、内部から沸きおこるモチベーションを高めていくことが求められているのです。

自動車業界における変革

自動車製造において、エレクトロニクスとソフトウェアが、ますます重要な役割を果たすようになりました。より速さを増すイノベーションサイクル、増え続ける車両の多様性、そして高い開発コスト。今日の急速に進む開発環境においては、最大限の柔軟性が求められますが、製造側とサプライヤー側の元来の共同作業方法で対応することは事実上不可能でしょう。

ソフトウェア開発およびコラボレーションモデルの新しい要件

車両の長いライフサイクルと、ソフトウェア開発やアップグレードの短期間のサイクルとは相容れないものです。自動車メーカーは、あらゆる品質基準に準じた高い信頼性およびマルチプラットフォーム対応のシステムを必要としています。今日の自動車メーカーは、最適化と新技術を迅速に統合し、車載ソフトウェアを随時更新可能であることが求められています。

リーンソフトウェア開発による改善

リーンソフトウェア開発は、組織全体のバリューストリームの最適化に焦点を置きます。これは効率的な開発を実現し、顧客と従業員の満足度が向上します。アジャイル開発方手法は、リーンソフトウェア開発の原則を実現するものであり、透明性、品質、柔軟性を高め、製品化までの時間を短縮します。アジャイル開発の典型的な特徴には、集中的な顧客との関わり、製品の再使用による開発期間の短縮化、迅速なフィードバック、熱心で安定したチームワークがあります。

リーンソフトウェア開発は、ソフトウェア開発の契約にも大きな影響を与えます。これまで、顧客とサプライヤー間の契約は、リスクを排除したり、相手側へそれを転嫁するなど、協力体制を複雑なものにする内容でした。今後、リーンソフトウェア開発プロジェクトの契約は、より良い協力体制を提供し、仕様の決定や変更要求に関する永遠に終わらないディスカッションではなく、柔軟で結果指向のチームワークにフォーカスするものになります。

自動車業界における課題

リーンソフトウェア開発は既に長年にわたりITの分野で成功を収めてきた手法ですが、自動車業界での採用は遅れています。自動車業界は、ハードウェア開発に密接に依存しており、全社的なプロセスの変更が困難であり、またASPICEあるいはISO 26262等の基準への準拠を危ぶむ声が多かったことがその理由でしょう。

リーンソフトウェア開発の導入のパートナーとしてのEB

EBは既にアジャイル開発手法を成功裏に採用しています。概要を読む。

Elektrobitとフォード社がSYNCシステム開発においてコラボレーションを行った際、EBはアジャイル手法とスクラム会議方法を導入し、開発のインクリメントを増加し、透明性を向上させました。続きを読む。

その他のケーススタディには、Audi社とEBのジョイントベンチャー、e.solutionsがあります。ここではAudi車のエンタテイメント用のエレクトロニクスと自動車分野での開発との間の橋渡しをすることが課題でした。この懸け橋は、モジュール式インフォテインメント・キット(MIK)と呼ばれました。プロジェクトは成功裏に終了し、MIKは2012年に導入されました。今日、MIKは、すべてのフォルクスワーゲングループのブランドで採用されています。

またElektrobitはダイムラー社と共同で運転支援ソフトウェアの迅速な統合とテストのためのコラボレーションモデルであるEB Software Factoryを開発しました。当社のアジャイル開発の経験をどうぞご活用ください!続きを読む。

またアジャイル方法を採用する際のソフトウェア開発における新たな課題に対処する方法についての記事もお読みください。当社のホワイトペーパーをご参照ください。
自動車分野のためのリーンソフトウェア開発。実用的な組み合わせ。
アジャイル開発による複雑な案件の管理

 

関連サービス

リーンソフトウェア開発コンサルティング

当社はアジャイル開発のご紹介から導入まで、あらゆる側面においてお客さまを支援します。

 

お問い合わせ

配信登録

当社のニュースレターを購読し、製品の最新情報や最新ニュースをご覧ください。

HTML
Subscribe