Elektrobitの最新ニュースをご確認ください – Driving the Future of Software
  ニュースレターの翻訳版:

TOP STORIES

EB、AUTOSARの取り組みを強化するため新しいオフィスを開設

自動車業界において、組み込みシステムは進化を続けており、市場では信頼できる安全でセキュアなソフトウェアが求められています。 市場のニーズを満たすため、EBはティミショアラ(ルーマニア)とバンガロール(インド)に新しいオフィスを開設いたします。 このオフィス拡大により、EB tresos AUTOSARソフトウェア、ツール、そしてサービスが大幅に強化され、次世代AUTOSARソリューションが、高度化したセーフティ要件を満たすためにより高いレベルへと引き上げられる予定です。

AUTOSARの開発が強化されたことで、EBはこれまで以上に多くのプロジェクトに対応できるようになるだけでなく、シリコンベンダーやツールサプライヤーとの戦略的な提携を拡大できるようになります。 その結果、 一般市場に向け最先端のAUTOSARソリューションをお届けできるようになります。 プレスリリースをご確認ください


新作動画: EB GUIDEを活用したヒューマンロボットインタラクションのモデリング

当社の非常に柔軟性の高いヒューマンマシンインターフェース(HMI)開発ツールである「EB GUIDE 6」は、自動車および工業向けのHMIモデリング機能があることで有名ですが、現在「EB GUIDE 6」の高い柔軟性は、人型ロボットNAOで音声対話モデルの対話フローとジェスチャーを支援するために活用されています。 ヒューマンロボットインタラクション(HRI)に関する詳細をご確認ください。NAOがEB GUIDEをご紹介します。


『ATZ Elektronik』誌の記事 「Automated Driving: Necessary Infrastructure Shift」(自動運転車:必要なインフラストラクチャの変化)

自動駐車、渋滞支援、車線逸脱警報システムなど現在の運転支援機能は、自動運転への第一歩です。 しかしながら、今後数年の間に期待されている運転機能に関して言えば、現在のシステムアーキテクチャはすでに限界に達しています。 制御装置の相互接続性はますます高まっており、制御装置の機能はどんどん複雑になっています。このため、開発に対する統合システムアプローチと機能横断型かつ車種を問わず利用できるソフトウェアプラットフォームが必要となります。 今後のアプローチに関する当社の提案については、当社のウェブサイト (英語またはドイツ語)でご確認ください。


イベント

Car HMI USA 2016(ミシガン州ディアボーン)

4月25日~26日

Car HMI USAは、HMIおよびユーザーエクスペリエンスの分野で活躍している利害関係者をつなぐ、定評のある知識を交換するための国際的なプラットフォームです。 このイベントは参加者にとって、自動車のHMI業界が今後直面する機会や課題について話し合う絶好の機会となります。 EBのHMI技術およびイノベーション部門長Matthias Hampelが、EBを代表しこのフォーラムに参加しプレゼンテーション「Enabling Intuitive User Interactions with Multimodal HMIs in Connected Cars」(コネクティッドカーでマルチモーダルHMIを使用して直感的なユーザーインタラクションを実現)を行う予定です。 ぜひプレゼンテーションに参加いただければと思います。当社ブースでHMIの専門家が皆様のご来場をお待ちしております。


GENIVI All-Members Meeting(フランス、パリ)

4月26日~29日

加盟メーカー全14社が集うこの会議において、EBはEB RACEを紹介する予定です。EB RACEは、ランタイム動作など徹底的に自動車の複雑なソフトウェアシステムを分析するための最新アプローチです。 EB RACEは、DBus、DLT、Franca、Linux Resource Monitorなど、充実したプラグインを通して、様々なランタイムのシステムデータを相互に関連付ける柔軟な「GENIVI対応」ツールセットを提供します。 非常に複雑な自動車用ソフトウェアを分析、改善するためのまったく新しい方法をご確認ください。


Software for Connected Mobility Conference(ドイツ、フュルステンフェルトブルック)

4月26日~27日

「Software for Connected Mobility – Automotive Meets IT」(コネクティッドモビリティのためのソフトウェア - 自動車とITの出会い)は、自動車業界のデジタル化に注目するSüddeutscher Verlag Veranstaltunge企画の新しいカンファレンスです。 カンファレンスでは、EBのHMIプロジェクトおよびプログラム部門長Andreas Behnkeが、リモートHMIについて、また現代のディスプレイやオペレーティングコンセプトに非車載型コンテンツを統合することについて見解をお伝えする予定です。 皆様のご参加をお待ちしております!


iqnite Europe(ドイツ、デュッセルドルフ)

4月26日~28日

4月27日、iqnite 2016において、EBの機能安全の専門家でありSPICE査定人であるAlexander Muchがソフトウェアの品質とテストについて基調講演を行います。 ぜひこのカンファレンスに参加し、自動車用ソフトウェアの開発において、Balanceability™が新しいアジャイルである理由についてご確認ください。


Konferenz ISO 26262(オーストリア、グラーツ)

5月10日~11日

このカンファレンスの2日目は、機能安全のみにテーマが絞られます。また2日目には、当社のECUアーキテクチャの専門家Rudolf Graveによるプレゼンテーション「The Safe State: Design Patterns and Degradation Mechanisms for Fail-Operational Systems」(安全な状態 - 故障時動作継続(フェイルオペレーショナル)システム向けの設計パターンと性能低下のメカニズム)が予定されています。


Cooperation Forum Advanced Driver Assistance Systems(ドイツ、アシャッフェンブルク)

5月12日

運転支援システムは進化し、新しい技術が出現しています。そして、世界は真の意味での自動運転車の実現にどんどんと近づいています。 このフォーラムでは、ADASがもたらしたものとADASの今後について探っていきます。事業開発部門のシニアマネージャーJürgen Ludwigによるディスカッション「Mind the Gap! Driving Assistance Systems from Development to Serial Use」(ギャップに注意!運転支援システムの開発から連続使用まで)を予定しています。 ディスカッションでは、今後のADASの開発や高度に自動化された運転システムに必要不可欠なコンポーネントについて触れていく予定です。


EB Tech Day、NA 2016(ミシガン州、プリマス、場所:Inn at St. John’s)

6月7日

Inn at St. John’sにお越しになり、運転支援、コネクティッドカーソリューション、ヒューマンマシンインターフェース、機能安全、セキュリティ、ソフトウェア統合などにおける最新の開発について、技術専門家たちとディスカッションしませんか。 最新のアイデアや発展について洞察力に富んだ意見を聞き、EBの専門家との質疑応答セッションで、自動車用ソフトウェアについての知識を広げてみませんか。


2nd Embedded Multi-Core Conference(EMCC)(ドイツ、ミュンヘン)

6月28日~30日

シングルコアからマルチコア技術に電子制御ユニット(ECU)を首尾よく移行する方法について詳細な情報をお求めでしょうか? マルチコアデバイスへのAUTOSARと機能安全の実装についてはいかがでしょうか? EMCC 2016に参加し、必要な情報を入手してください。

当社は、提携企業であるInfineon、Timing-Architects、iSYSTEMと共にこの他にはない3日間のフォーラムの共同スポンサーを務めています。本フォーラムは、組み込みシステムを専門とする開発者を集め、意見交換や経験を共有することを目的としています。 また、マルチコア電子制御ユニット(ECU)の開発における現在の課題について話し合うため、自動車業界から有名な方々を講演者としてお招きしています。

カンファレンス、ワークショップ、講演者、お申し込みに関して詳細をご確認ください。 皆様にお会いできることを楽しみにしております!


ニュースレターの配信をご希望の場合


Elektrobitから最新のニュースを毎月1回お届けします。ぜひご登録ください。

    配信登録    

過去のニュースレター


Elektrobitによって公開された過去のニュースをご覧いただけます。

    詳細を確認