Elektrobitの最新ニュースをご確認ください – Driving the Future of Software
  ニュースレターの翻訳版:

TOP STORIES

EB cadian

Elektrobit(EB)、コネクティッドカー向けのリモート分析ソリューションEB cadianを発表

EB cadianは、時間を節約し費用を削減するため標準化されたフォーマットを使用しています。また、最先端の暗号化および認証技術により、車両に対する安全な接続とリモートアクセスを保証します。 EB cadianの検査は設定の変更やカスタマイズが可能なため、データ効率を最大限に活かして帯域幅を節約します。

EB cadianは、時間を節約し費用を削減するため標準化されたフォーマットを使用しています。また、最先端の暗号化および認証技術により、車両に対する安全な接続とリモートアクセスを保証します。 EB cadianの検査は設定の変更やカスタマイズが可能なため、データ効率を最大限に活かして帯域幅を節約します。

EB cadianのメリットに関する詳細は、プレスリリースをご覧ください

EB cadian

お客様の車両向けのコネクテッドメンテナンス

この短い動画では、車両のライフサイクルの初めから終わりまでソフトウェアを管理する上で、どのようにEBが自動車メーカーを支援しているかをご覧いただけます。

EB cadian

接続し、情報を集め、改善する - ぜひEB cadianをお試しください。

この動画をご覧になり、分析データをリモートで収集し、分析する上で、EBがどのようにお客様を支援できるかをご確認ください。


EB GUIDE 6.2遂にリリース!

EB GUIDE 6.2遂にリリース!

6月7日、当社は充実した機能を備えたHMI開発ツール「EB GUIDE」のバージョン6.2をリリースしました。 このリリースには、数多くの改良が含まれています。 今回加えられた改良には、これまで以上に優れたスピーディーな3D機能を実現するための新しいStateless Command Driven Renderer(SCDR)、EB GUIDE Studio内でビュートランジションをアニメーション化することを可能にするビュートランジションアニメーション機能、新しい韓国語のEB GUIDE Studioユーザーインターフェースとドキュメンテーションが含まれます。

当社ブログの投稿でEB GUIDEの詳細をご確認いただくか、EB GUIDEコミュニティ版をダウンロードしてお試しください!


センサーベースの車両ポジショニング

センサーベースの車両ポジショニング

先日公開されたElektronik Automotiveの記事の中で、EBの専門家Martin Schauer、Andis Rudevics、およびFabian Kirschより、センサーベースのポジショニング、カルマンフィルターについての深い洞察が提供されています。また、自動運転車に関連し、精度の高いポジショニングについても触れられています。

『TechPaper』は、英語またはドイツ語でご確認いただけます。


EB RACE for GENIVI

GENIVI用のEB RACE – 無料ダウンロード

当社の全機能をご利用いただける無料のGENIVI向けEB RACEのダウンロードをおすすめしています。EB RACEは、GENIVIベースのシステムをモニタリング、分析するために作られたツールです。 Linuxプロファイリング、DLTトレース、D-Bus通信モニタリング、Franca IDL Decoderなどの機能が含まれています。 また、リアルタイムのモニタリング用に、Target Agentもダウンロードいただけます。

当社ウェブページにアクセスし、最新情報や、製品ロードマップ、近日公開予定のEB RACEのリリース、オープンソースソフトウェアとしてTarget Agentを設定する取り組みなどその他の情報をご確認ください。

GENIVI向けEB RACEをダウンロードしてください。


Mind the Gap

「Mind the Gap! Driving Assistance Systems from Development to Serial Use」(ギャップに注意!運転支援システムの開発から連続使用まで)

先日ドイツ、アシャッフェンブルクで行われたCooperation Forum Advanced Driver Assistance Systems学会で発表されたこのプレゼンテーションの中で、EBの事業開発部門のシニアマネージャーJürgen Ludwigにより、今後のADASの開発や高度に自動化された運転システムに必要不可欠なコンポーネントが取り上げられました。 Jürgen Ludwigのプレゼンテーションは、ここからご覧いただけます。


イベント

EB GUIDE and EB tresos Seminars

EBのHMI開発プロセスセミナーおよびAUTOSARセミナー(日本、東京)

6月~9月

自動車のソフトウェア開発は、いっそう複雑化しています。エレクトロビット日本のチームは、複雑なソフトウェア開発を明確にするための支援を提供する体制を整えています。 現地の専門家が講師を務めるAUTOSARおよびHMI開発に関する無料セミナーにぜひご参加ください。セミナーでは、ヨーロッパにおける業界動向やEBの最新技術の概要についても説明させていただきます。 定員制のため、お早めに当社のウェブページで詳細をご確認ください。

  • AUTOSAR: 6月15日/7月20日/8月24日/9月14日
  • HMI開発プロセス: 6月16日/7月21日/8月25日/9月15日

Embedded Multi-Core Conference 2016

最後のご案内: Embedded Multi-Core Conference 2016の登録手続きについて(ドイツ、ミュンヘン)

6月28日~30日

当社は、期待を集めているEMCC 2016に向け、最終準備を進めております。EMCC 2016は、当社がパートナーであるInfineon、Timing-Architects、iSYSTEMと協力して企画するカンファレンスで今回で2回目を迎えます。 1日目と2日目は、講演者として専門家をお招きしたプレゼンテーションやマルチコアに的を絞った一流のプレゼンテーションなど、一見の価値があるプレゼンテーションが行われる予定です。 3日目はワークショップを中心に、マルチコアアプリケーションのタイミング行動の最適化と検証、AUTOSAR OS、実行環境の効率、マルチコアのベストプラクティスについて深く掘り下げていく予定です。

カンファレンス期間中は毎日、当社パートナーと交流する機会が予定されています。また、当社ブースでは1対1の話し合いの機会も提供していますのでぜひお立ち寄りください。さらに当社ブースでは、自動運転プラットフォームNVIDIA DRIVE PX用のEB tresosソリューションをご紹介する予定です。

全日程のスケジュールをご確認ください。また、詳細はwww.multicore-conference.comにアクセスしてご確認ください。

早期ご登録をお勧めいたします。 ミュンヘンでお会いできることを楽しみにしております!


ConCarExpo

ConCarExpo 2016(ドイツ、デュッセルドルフ): 最新情報

6月29日

最新情報: ConCarExpoでの当社ブースの場所がブース31に変更となりました。また、当社プレゼンテーション「Robot Architectures for Highly Automated Driving」(高度な自動運転向けのロボットアーキテクチャ)の開始時間が6月29日の午後3時10分に変更となりました。

ブース31で皆様のお越しをお待ちしております!


AWS Enterprise Summit

AWS Enterprise Summit 2016(ドイツ、フランクフルト)

6月30日

AWS Enterprise Summitは、大手企業がITインフラストラクチャからクラウドへと移行する際に直面する課題を解決するサポートを目的とした学会です。 ディスカッションでは主に、移行を成功させるための戦略やプロセス、技術、人材の変更に適応していく方法などのトピックが取り上げられます。

ブレイクアウトセッションでは、EBのコネクティッドカー技術部門長Thomas FleischmannとシニアソフトウェアエンジニアのSascha Ziesigより、リモート診断とセンサーデータの処理について自動車での使用事例が紹介される予定です。また、イノベーション開発向けのプラットフォームとして、EBがどのようにアマゾンウェブサービスを使用しているかについても紹介される予定です。

無料でご参加いただけます。


Forum Safety & Security 2016

Forum Safety & Security 2016(ドイツ、ミュンヘン)

7月5日~7日

7月6日、自動車の安全性とセキュリティに的を絞ったこのカンファレンスにおいて、EBのRobert Leibingerがプレゼンテーションを行う予定です。プレゼンテーションのタイトルは、「Alles sicher? Safe & Secure im Automobil」(すべてが安全な状態か?自動車の安全性とセキュリティ)です。この業界イベントの詳細をご確認ください。


VDA Automotive SYS Conference

VDA Automotive SYS Conference(ドイツ、ベルリン)

7月6日~8日

今回第6回を迎えるこの自動車エレクトロニクスの品質管理に関する国際カンファレンスは、現代の自動車エレクトロニクスの品質に的を絞ったイベントです。自動車エレクトロニクスの品質は、新しい機能安全に関する規制やAutomotive SPICEなど確立された標準に関連します。 VDA主催のこのカンファレンスには、世界で活躍する講演者や、大手サービスプロバイダー、業界のその他の専門家が出席します。初日の午後には、当社のAlexander MuchとRudi Graveによるワークショップ「Evolving Needs for Software Systems」(ソフトウェアシステムの進化し続けるニーズ)が行われる予定です。 皆様のご参加をお待ちしております。

プログラムとご登録に関する詳細をご確認ください。


ウェビナー

Game-Changer Connectivity

大変革をもたらすコネクティビティ – リモート分析の実態

7月27日

現在自動車メーカーにとって、分析データは必要不可欠なデータとなっています。また、自動車に物理的にアクセスすることなく、クラウドで診断データの情報を収集し、処理する機能により、分析は新たな局面を迎えています。 このAutomotive Megatrends提供の60分の無料ウェビナーでは、EBのコネクテッドカーの専門家Oliver Pajonkが、当社最新のリモート分析ツールであるEB cadianをご紹介します。このウェビナーはコネクティビティに大変革をもたらす内容となっています。 ウェビナーで取り上げられるテーマは以下となります。

  • リモート分析での個別設定のメリット
  • 安全で拡張可能なバックエンドインフラストラクチャの必要性
  • EBがビッグデータと分析の専門知識・技術をどのようにEB cadianで組み合わせているか
  • 自動車メーカーにとっての予知保全の価値


ニュースレターの配信をご希望の場合


Elektrobitから最新のニュースを毎月1回お届けします。ぜひご登録ください。

    配信登録    

過去のニュースレター


Elektrobitによって公開された過去のニュースをご覧いただけます。

    詳細を確認