Elektrobitの最新ニュースをご確認ください – Driving the Future of Software
  ニュースレターの翻訳版:

TOP STORIES

タイムズスクエアでご覧いただけます

自動運転のとてつもない複雑さを克服するには、膨大な計算力と前例のないインテリジェンスが必要となります。 EBは、業界をリードする企業であるInfineonおよびNVIDIAと協力してソリューションを提供いたします。 そのソリューションが、自動運転を現実にするための、高性能な計算機能とセーフティクリティカル(安全を最重視する)ソフトウェアを組み合わせる集積技術プラットフォームです。 チームの取り組みに関する詳細をご確認ください。


モデルベースのヒューマンマシンインターフェース(HMI)開発を採用する理由

HMIの開発者の多くがゼロからコードを作成しています。これには通常、無駄な努力や膨大な時間が費やされます。 しかし、別の方法があります。 モデルベースのヒューマンマシンインターフェース(HMI)開発のアプローチを活用することにより、開発者の皆様は、煩雑なコーディング作業をせずに、従来よりもはるかに短い時間で、様々なブランドやバージョンに合わせて、プロトタイプの作成、完全なHMIの開発、シミュレーションの実行、バリアント(車種)の管理、HMIのルックアンドフィールの変更を行うことができます。 Martin Riedlによるブログの記事をご覧になり、この革新的なアプローチと、いかにEB GUIDE 6が役立つかに関する詳細をご確認ください。


ウェビナー: ハイブリッド自動車ナビゲーションを理解する

11月12日

ハイブリッドナビゲーションは、考え方を根本から変えるものです。 60分の無料ウェビナー「Automotive World」でいかにして考え方を根本から変えるのかをご確認ください。このウェビナーには、EBのナビゲーション製品マネージャーOliver Jesorskyが参加します。 以下のトピックが取り上げられる予定です。

  • ハイブリッドシステムについて / ハイブリッド化されるデータについて
  • ハイブリッドナビゲーションと従来の技術の違いについて
  • ハイブリッドナビゲーションが生み出す価値について
こちらからご登録いただけます


セキュリティに関するウェビナー: How Security Mechanisms Can Protect Cars Against Hackers(セキュリティー対策がハッカーから車両を守る方法)

EB AutomotiveのセキュリティエキスパートMartin Böhnerがお届けするこの最新のウェビナーをご確認ください。Martin Böhnerが電子制御ユニット(ECU)内、および車内のネットワークにおけるECU間の通信を保護する対策をご紹介します。 説明するにあたり、実用的かつ現実的な使用事例(スマートアンテナ)を使用します。


今後開催予定のイベント

Electronics in Vehicles(車両のエレクトロニクスに関する会議;ELIV)(ドイツ、バーデン=バーデン)

10月14日~15日

バーデン=バーデンで開催されるELIVにぜひご参加ください。自動車メーカーとサプライヤーがカーエレクトロニクスのイノベーションについてのアイデアや情報を共有します。 運転支援や自動運転、コネクティッドカー、HMIの概念をはじめ、様々なトピックが取り上げられる予定です。

1階のブース60に設置される当社のブースまでお越しください。当社の新しいドライバーアシスタント部門長Björn Giesler博士による講演は必見です。講演では、最先端の運転支援システムがクラウド強化型のストリートマップのデータに貢献するだけでなく、ストリートマップのデータからもメリットを得る方法について取り上げます。

詳細(英語)はここをクリックしてください
詳細(ドイツ語)はここをクリックしてください


Elektrobitとイーサネットコミュニティの触れ合いの機会(日本、横浜)

10月27日~28日

Automotive Technology DayのIEEE-SA Ethernet & IPは、自動車関連のイーサネットの進化を学ぶ絶好の機会です。 2日目には、Roman Pallierer博士とMartin Böhnerと共に、EBでも広く認められているイーサネットのエキスパートMichael Ziehensack博士が、プレゼンテーション「Safe and Secure Communication with Automotive Ethernet」(自動車のイーサネットとの安全かつセキュアな通信)を行う予定です。

イーサネットの試験に関心をお持ちの方は、業界のエキスパートであるPallierer(EB)、Bogdan Tenea(Ixia)、Fabian Nikolaus(C&S)による共同プレゼンテーション「Standardization of Tests for Efficient Testing of Automotive Ethernet ECUs」(自動車イーサネットECUの効率的なテストのための試験の標準化)をお見逃しなく。

パシフィコ横浜の会議センターの当社ブースまでお越しください。皆様と今後の自動車ソフトウェア通信の課題についてお話できることを楽しみにしています。


Connected Mobility Summit(コネクティッドモビリティ会議)(カリフォルニア州サンフランシスコ)

10月28日

Connected Mobility Summit(コネクティッドモビリティ会議)で行われるイブニングパネルディスカッションにご参加ください。イノベーションラボ主任Walter Sullivanが参加を予定しています。 主催者であるC3 Groupにより、業界をけん引するリーダーたちと交流し、コネクティッドカーやモビリティの分野の動向について学ぶため、リラックスした雰囲気の会場が提供されます。 ディスカッションに参加された方は、製品デモを見ることができるだけでなく、内部情報を得ることもできます。 ディスカッションでは、スーパーボウルのトラフィック、Apple Car、クラウドと車両間の接続のセキュリティに関する技術ソリューションがトピックとして取り上げ得られる予定です。


SAE 2015 Active Safety Systems Symposium(ミシガン州、プリマス)

11月4日~5日

自動車の安全性は業界の極めて重要な目標ですが、ますます課題が多くなっています。ありがたいことに、このシンポジウムは、障害を取り除き、自動車の安全性を向上することに的を絞ったイベントです。 シンポジウムに参加し、EBのMichael Reichelをはじめ、アクティブセーフティ技術に直接かかわっている方々から情報を入手してください。Michael Reichelは、現在および今後の車載システムにおけるセンサー技術に焦点をあてた共同パネルディスカッションに参加予定です。


safetronic.2015(ドイツ、シュトゥットガルト)に当社の安全性のエキスパートが参加します

11月10日~11日

当社はこの自動車の機能安全に関する重要なイベントに参加することを楽しみにしています。 ぜひ当社のブースにお立ち寄りください。最新の開発や、最新のADASシステムなど機能安全へのアプローチについて皆様とお話できればと思います。 11月11日には、 EBのAlexander Muchが講演を行いますのでぜひご参加ください。講演のテーマは「The Safe State: Design Patterns and Degradation Mechanisms for Fail-Operational Systems」(安全な状態 - 故障時動作継続(フェイルオペレーショナル)システム向けの設計パターンと性能低下のメカニズム)となります。


第3回Elektrobit Tech Day(ミシガン州、サウスフィールド)

12月3日

EBは、ウェスティン・サウスフィールドデトロイトで開催される第三回North American Tech Dayへのご参加を心よりお待ちしています。 この1日限りのイベントは、急速に変化する自動車ソフトウェアの世界をナビゲートするエンジニアおよびエンジニアリングマネージャーの方向けに特別に企画されているイベントです。

このイベントでは、自動車エンジニアの方々や技術者の方々が一同に会し、ドライバーアシスタント、コネクティッドカーソリューション、ヒューマンマシンインターフェース、AUTOSAR、機能安全、セキュリティ、ソフトウェア統合における最新の開発について話し合います。 また、EBのエキスパートにより、これらのトピックを深く掘り下げたセッションが開催される予定です。セッションでは質問にもお答えさせていただきます。

さらにTech Dayでは、2つのワークショップも行われます。ワークショップではEBの製品やソリューションに関するガイダンスが実施され、理解を深めることができます。 イベント開催日には、EB製品や、最新のイノベーションすべてのデモも行われる予定です。


ニュースレターの配信をご希望の場合


Elektrobitから最新のニュースを毎月1回お届けします。ぜひご登録ください。

    配信登録    

過去のニュースレター


Elektrobitによって公開された過去のニュースをご覧いただけます。

    詳細を確認