By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

EBがトヨタのAUTOSARソフトウェア推奨サプライヤーとして選出

September 14, 2016 

トヨタ自動車がEB tresos AutoCoreを推薦します。

Share This
Email to someoneTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on LinkedInGoogle+

トヨタ自動車が次世代の電子制御ユニット(ECU)において、AUTOSAR規格を取り入れます。そこで、AUTOSARベーシックソフトウェア(BSW)の推奨ベンダーの一つとして、このたびEBが選定されました。これは、次世代のトヨタ車向けECUを開発するサプライヤーに対し、EBAUTOSAR4.2.1準拠ソフトウェアであるEB tresos AutoCoreの使用を強く薦めることを意味します。

トヨタはそれらのECUのスムーズな導入を目的として、EBの製品を検証し、最終的に推奨サプライヤーの一つとしてEBを選定しました。BSW推奨ベンダーとしてEBが推奨されたことにより、トヨタ内でのスムーズな相互運用が保証され、革新的な機能に必要とされる技術基盤の道が開けます。また、トヨタへ製品を納入されるTier1サプライヤーは、トヨタに推奨を受けたEBのAUTOSARソリューションを高い信頼性をもって適用することができます。

EBは20年以上にわたり、オートモーティブソフトウェアおよびベーシックソフトウェアの幅広いノウハウを積み重ねてまいりました。EBはAUTOSARコンソーシアムの初期からのプレミアムメンバーとして、積極的な役割を果たしています。そしてEBのAUTOSARソフトウェアは、世界中ですでに何百万台もの車両に使われています。今、EBはトヨタの公式な推奨サプライヤーとして選出されたことを大変嬉しく思い、AUTOSARの世界へ踏み出すTier1サプライヤーのサポートをすることを楽しみにしています。

EBのコア製品であるEB tresos AutoCoreは、自動車用ECU向けのAUTOSAR準拠ベーシックソフトウェアとして業界をリードする製品です。このモジュールと拡張可能なフレームワークは、ADASシステム等の革新的なソフトウェアアプリケーションの開発向けに、パーフェクトなソフトウェア基盤を実現します。トヨタ向けのEB tresos AutoCoreは、将来的にトヨタ独自のコミュニケーション仕様もサポートする計画です。

詳細についてお知りになりたい方は、EB tresos AutoCoreをご覧ください。

Software for the automotive industry