本サイトをご利用いただくことにより、分析のためのcookiesの使用に同意いただくことになります 詳細を見る

センサーとしての自動車

運転支援の改良、安全性が高い優れたインフォテインメント、自動運転に関する期待を現実のものとするためには、自動車を実際のセンサーにする必要があります。センサーとしての自動車へ向けた動きが進行しており、今後10年間で急速に発展することが見込まれています。

増加の一途をたどるセンサー数

現在においても、自動車に使用されているセンサーの数は爆発的に増加しています。現在の自動車には、加速度センサー、サラウンドビューカメラ、LIDAR(Light Detection and Ranging、レーザー画像検出と測距)センサーが使用されており、エンジンにも様々な計測センサーが搭載されています。これらのセンサーを使って、アダプティブクルーズコントロールやアダプティブカーブライティング、およびアシストパーキングなどの機能で使用するデータを収集します。

自動車メーカーは、ハードウェアインテグレーションや、それらハードウェアで収集する複雑なデータや多機能データを活用するためのソフトウェア開発において、すでに問題に直面しています。より多くのセンサー技術が使用されるようになり、それら技術の高度化が進むにつれ、問題は大きくなると予想されます。

高まる期待

センサーの改良が進み、様々なグレードの自動車に衝突予知システムが採用されるようになると、消費者はさらに高度な性能を期待するようになります。自動車センサーは、人間が見ることができないもの、例えば様々な光スペクトル、速度のわずかな変化、電磁波、全体的な周辺状況などを探知することができます。ドライバーは、車が収集された情報を賢く活用し、運転中の安全性や快適さを向上させるよう期待するのです。

情報のインテグレーションおよび解釈

センサーだけでは十分ではありません。消費者が望むような、そして革新的なメーカーが切望するような機能を導入するためには、情報すべてを統合し、ほんの数秒(ミリ秒)で分析・解釈し、適切な応答を導き出して実行するより優れた方法を模索していく必要があります。

例えば、ヨーレートセンサーが問題を特定した場合、カメラ、LIDARシステムなどによる他のデータによる裏付けを取る必要があります。つまり、コネクティッドカーにより途切れることなく更新されていくクラウドからのデータを使用するということです。このような分析すべては数ミリ秒で実行され、自動車の状況を判断します。次いで、車載システムが決定を行って実行します。これらの決定により、命が救われることさえあるのです。

結論

センサーとしての自動車は、スマート自動車への進化における重要な役割を担っています。センサーを導入し、それらの動作を強調させることは、自動車メーカーにとってとてつもない大仕事になります。技術革新および進歩が進み、消費者の期待が高まってはじめて、そのような使命が複雑性の中で進行していくのです。

お問い合わせ

配信登録

当社のニュースレターを購読し、製品の最新情報や最新ニュースをご覧ください。

HTML
Subscribe