EB Assist Busmirror

 

成功するソフトウェア開発プロセスでは、EBは実装工程の電子制御ユニット (ECU) ソフトウェアをテストするためのツール EB Assist Busmirrorとともにお客様をサポートします。ソフトウェア開発者が、ネットワーク内の他の ECU がまだ使用できない状況において、あるECU を起動したい場合には、EB のbus toolsが使用できない ECU の動作をシミュレートし、プロジェクトを進めることが可能です。

また EB Assist Busmirror は、

HIL (Hardware-in-the-Loop)、EOL (End-Of-Line) などの自動 ECU テストツール、あるいは製品ラインの不可欠な部分として即時使用が可能です。

利点

EB Assist Busmirror は、イーサネット、FlexRay、CAN、および LIN を含むあらゆる実績のあるバスシステムをサポートします。また、自動車メーカー固有の拡張機能も提供しています。EB Assist Busmirror は、EB ハードウェア製品と完全に互換性があり、レストバスシミュレーションの自動生成、および自動化用オープンインターフェースを介してホストシステムへの統合を実現します。

強み:

  • あらゆる一般的な自動車用バスシステムをサポート
  • 段階的にユーザーを導く説明付きワークフロー
  • わずか数回のクリックで複数の ECU の大規模なクラスタの模造を実現
  • 使用可能な信号、PDU、フレーム、ネットワークパラメータの編集画面

商品の詳細

EB Assist Busmirror は Eclipse 技術ベースで、AUTOSAR に準拠し、高度な使いやすさを提供し、段階的な操作手順のガイドを含んでいます。

バス通信の迅速な設計が可能:

  • システム構成のインポート。
  • 通信元・先が必要な実際のネットワークノード/ECU の選択。
  • EB Assist bustools向けコンフィグレーションの生成。

イーサネット、FlexRay、CAN、および LIN 対応Rest bus simulationソリューション (ドイツ語:Restbussimulation) は、自動車メーカー固有のモジュールと組み合わせ可能です。

 

 

EB Assist Busmirror 概要

EB Assist Busmirror が基盤とする3つのコンポーネント:

  • EB Assist Busmirror Configurator.Rest bus simulationを構成および生成に使用する PC ベースのグラフィカルツール。
  • EB Assist Busmirror Run-time.実行時にEB Assist bus tools上で生成された構成を実行し、PCI、TCP/IP USB、あるいは EtherCAT インターフェース上の多種ホストドライバを使用してリモート制御することが可能です。
  • EB Assist Busmirror Maid パッケージ TP/XCP/NM/e2e などの自動車メーカー固有のプロトコル実装を提供。

 

 

 

その他の EB Assist 製品および技術との統合

EB Assist bus tools

EB Assist Busmirror 用のバスインターフェースハードウェア。

 

Software for the automotive industry