コネクテッド

コネクテッドカー –
未来のビジネスモデル

 

自動車をコネクテッドに

人々がデバイスでインターネットに毎日24時間接続する時代に、車だけ接続していないというのは時代遅れに響くでしょう。コネクテッドカーは、ユーザーの満足度を高めます。また、自動車メーカーにとっては、新たなコスト低減の方法でもあり、新しいビジネスチャンスにもなり得ます。適切に装備することで、コネクテッドカーはより安全な自動車になります。

消費者はモバイルデバイスを通して、常にあらゆるところでつながっています。その接続性を活用して最新の情報を入手しています。しかし自動車に関して言えば、ひとたび市場に出てしまえば、その機能・性能が変化することはほとんどありません。

事実、ごく一部の例外を除いては、システムが開発された日から、購入後所有される年月の間に、自動車に搭載されている技術が更新されることはありません。その間、ポータブルデバイスのトレンドは、自動更新によりコネクテッドエクスペリエンスに対するユーザーの期待を引き上げ続けています。

これこそが、自動車メーカーが「分離型」の自動車からコネクティッドカーへと移行している理由です。

クラウドとの通信

自動車・クラウド間の双方向通信が可能となったため、可能性の幅は大きく広がりました。ユーザーは、マップやソフトウェア機能など、期待どおりの最新のコンテンツを取得できます。また、自動車メーカーは路上の自動車から診断データを収集し、問題の特定、分析、解決することができます。自動車から収集されたデータは、その後サービスを行うディーラーにあらかじめ送信されれば、スケジューリングや、より迅速に優れたサービスを提供するのに役立ちます。

さらに、自動車メーカーは路上の自動車からライフタイムにわたって情報をクラウドソーシングによって収集でき、多数の目的でビッグデータ技術を応用できます。ドライバーに人気のある機能は何か、ユーザーがどのような運転をしているのか、自動車と個別のコンポーネントがどのように反応しているのか、新モデルでどのような問題に対処すべきなのかを知ることができ、コスト低減や、リコールなどの潜在的な大問題を防止することができます。

新しいビジネスモデル

コネクテッドカーで、新しいビジネスモデルと新しいパートナーシップの機会が生まれます。将来、自動車メーカーは提供する自動車だけではなく、提供するサービスによってブランドの差別化をしていきます。位置や音楽の好み、移動パターンなど、ドライバーや同乗者から収集または提供されたデータに基づいて、自動車とそのインターフェースを通してサービスを提供できます。

スマートフォンだけが、唯一のリソースではありません。ドライバーは近い将来、自動車と車載ソフトウェアを、単に必要なツールとしてではなく、移動と情報に必須のリソースとして見るようになります。

エレクトロビットは、メーカーがリモートで自動車を診断して、修理もできるような未来に注目しています。その未来では、スマートフォンやその他の消費者向けデバイスが、運転エクスペリエンスにシームレスに統合されています。交通は車車間および車とクラウド間の通信によって向上しています。そして、自動車と自動車メーカーが、ドライバーの日常生活における信頼できるパートナーになっています。

エレクトロビットは、コネクテッドカーという新しい分野におけるソフトウェアとコンサルティングのリーディングカンパニーです。

エレクトロビットのコネクテッドカー関連製品、ソリューションおよびサービス

ソフトウェアアップデートOTA
EB cadian Sync

インフォテインメントシステムのアップデートからオペレーティングシステムのセキュリティパッチ、システムアップデート、設定の変更まで、ワイヤレス技術を採用したOTAアップデートは、最適な選択肢となっています。EB cadian Syncは、信頼性が高く、スケーラブルで柔軟なソフトウェアおよびファームウェアのOTAアップデート用ツールチェーンです。