By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

自動運転

自動車が特許を初めて取得したのは 1886 年のことでしたが、当時は自動運転車という概念は単なる空想にすぎませんでした。2018 年の現在、この空想が現実として普及するまであとわずか数年のところに来ています。

自動運転車両によって運転はまったく変わりますが、それは単に人間が介在する必要がなくなるということだけではありません。さらに運転が楽しくなり、安全性も大幅に向上します。自動車事故の約 9 割はヒューマンエラーによるものと考えられています。人工知能 (AI) の発達により、まもなく自動車が自分で考えて人命を救うような判断を下せるようになります。実際、自動運転ソフトウェアは、熟練の運転者をも凌ぐスマートさと信頼性を実現するでしょう。

自動運転車: 定義

「自動運転」という言葉は自明のように聞こえるかもしれませんが、実際は 5 段階の SAE レベルによって自動運転を定義しています。 SAE レベルが低い場合は基本的な運転支援を特徴としますが、SAE レベル が高くなると人間の介在がまったく不要な車両に近くなります。

現在路上に出ている車両にも、アダプティブクルーズコントロール (ACC) や駐車支援などレベル 1 と 2 の自動機能を備えたものがすでにあります。しかし、それでも運転者が常時車両を操縦し続ける必要があります。

SAE レベル 3 では車両のインテリジェンスが大幅に向上します。特定の条件下では、運転者が周囲の環境を監視する必要がなくなります。車両は自らを走らせて操縦することができ、かつ運転者が指示を受け取った場合には車両を操縦できるという条件で、独自の緊急措置を取ることもできます。

SAE レベル 4 はさらに完全な自動運転に近づきます。ほとんどの状況や環境において、運転者が車両を操縦する必要がなくなります。自動車は人間からの指示なしで確実に走らせて操縦することができ、人命を救うような判断をすることもできます。それでもレベル 4 では運転者が望む場合や特定の状況では、運転者が手動で操縦することができます。

SAE レベル 5 は未来の自動運転技術を表すものです。レベル 5 の自動車は運転や複雑な判断や緊急措置を、すべて自動車だけで実行します。このカテゴリーの自動車は人間からの指示は不要で、通常ハンドルやフットペダルさえありません。

課題: 自分で考える車両を設計する

簡単に言えば、自動運転車を現実のものにするには、高度な AI が必要です。 メーカーは、非常に強力なハードウェアに加え、人間の運転スキルを真似るにとどまらず、これを超える AI システムが必要です。

課題の 1 つは、自動運転技術を検証するために、膨大な量の路上テストが必要なことです。この新技術を世界市場に出すためには、自動運転機能、車内システム、AI ソフトウェアをすべて徹底的にテストして改善する必要があります。車両が安全運転を行い、予想外の運転条件下で確実に緊急措置をとれることを示さなければなりません。 その結果、自動車メーカーはこの 5 年間だけでも 10 億マイル (16 億 km) 近いテストドライブデータを収集しました。しかし、この技術を真に検証するためには、さらに多くのデータが必要です。そのためにメーカーはテストプロセスを加速化するドライビングシミュレーションも利用しています。そのためにメーカーはテストプロセスを加速化するドライビングシミュレーションも利用しています。

EB Assist

 

この課題を解決するため、エレクトロビット (EB) は、信頼性の高い自動運転車や完全自動運転車を開発するための、ハードウェアおよびソフトウェア製品である EB Assist を開発しました。これにより、自動車メーカーは車両をより迅速に検証し、かつ改善が可能で、自動運転車を市場に出す時期もはるかに早まります。

エレクトロビットは自動運転ソフトウェアのトップランナーです

EB robinos により、自動車メーカーは自動運転を可能にするために必要な、さまざまな重要なソフトウェアコンポーネントにアクセスすることもできます。 すべてのハードウェアシステムと互換性があり、ユニークなモジュール形式を特徴とする EB robinos には、運転者不要となる、これからの車両を設計するために必要なビルディングブロックが含まれます。

EB robinos

 

EB robinos のソフトウェアコンポーネントはそれぞれ専門の機能を持ち、車両は次のことができるようになります。

  • 周辺環境データを収集し、車両の位置を正確に把握する

  • 車両周囲の静止物と移動物の 360 度モデルをリアルタイムで作成する

  • 高精度地図と路上の他の車両から提供される情報を使用して、前方の道路の正確な情報を作成する

EB robinos は、自動運転車を路上に出すために必要なコア機能を提供します。継続的な開発とテストにより、完全に運転者不要の未来へのロードマップが整っています。

自動運転には幅広い用途があります

自動運転車は、単に典型的な日常の運転を代替するだけではありません。運転者不要の車両は、社会全般でまだ考えられてもいない数多くの形態をとることになるでしょう。

例えば次のようなことです。

  • 公共交通機関、および子供や高齢者に特化した輸送手段

  • カーシェアリングやレンタカー

  • モバイルアイテムのストレージとセキュリティ

  • オフィスや大学、病院内の短距離輸送

  • 商品の配送 – 全国および地域

Autonomous driving application

 

自動運転車両はほぼすべての社会水準においてメリットがあります。 より安全な運転や通勤時間の短縮、より魅力的な運転体験など、EB は自動運転を現実のものとすることに誇りをもっています。

エレクトロビットは自動車産業向けの高度なソフトウェア開発の世界的リーダーです。30 年を超える開発経験を持つ EB は、世界最大級の自動車メーカーと密接に協力して、よりスマートでより安全、また運転をさらに楽しめる自動車を作ります。

EB製品

EB Assist

開発ツール、ソフトウェアモジュール、安全かつ快適なインテリジェントカーのための運転支援エンジニアリングサービス。

EB robinos

自動運転システムに向けた、包括的でハードウェア非依存型のソフトウェアソリューション。

Software for the automotive industry