本サイトをご利用いただくことにより、分析のためのcookiesの使用に同意いただくことになります 詳細を見る

自動運転

社会は、自動運転車(ドライバーレスカー)を実現させる方向へと歩みを進めています。自動運転が主流となるのは、もはや時間の問題でしょう。原型となるプロジェクトの進行、および運転支援機能の進歩は、自動運転の実現へと着実に進んでいることの証拠と言えます。

自動運転における進歩

先進運転支援システム(ADAS)分野における見通しは、非常に大きなものです。現在、ADASはカーエレクトロニクスにおいて急成長を遂げる分野の1つとなることが見込まれています(ソース:Strategy Analytics社、2013年4月)。Strategy Analytics社によると、2025年から2030年までには、様々な運転状況下でドライバーをサポートする自動運転技術を活用した自動車が15%から20%になるということです。同時期における完全自動運転車の割合は、一けた台前半にとどまると見られています。

自動運転への道

高度に洗練された運転支援技術の革新により、自動運転への道は開けていきます。自動車事故の90%は、人為的ミスによるものです(ソース:ドイツ保険協会、2011年)。運転支援機能により、ドライバーや道路利用者を保護することができるのです。

解決策となるこの技術は、完全自動運転の土台ともなっています。アダプティブクルーズコントロールやアダプティブカーブライティングなどのシステムは、前方の状況を判断するセンサーや安全な決定を行う最先端ソフトウェアを活用しています。同種類のセンサーをさらに発展させていくことで、自動運転を実現させることができるのです。コネクティッドカーやセンサーとしての自動車における革新、および基礎をなすソフトウェアの改良により、その土台が作られていきます。

大変厄介な複雑性

自動運転には、自動車メーカーが今までに経験したことのないような非常に複雑なソフトウェアを導入することが求められます。これらのシステムは、様々な種類のセンサー、ナビゲーションや交通データなどのクラウドからのデータ、道路上の他の自動車から検知される情報など、複数のソースからの情報を統合する必要があります。

次いで、これらのソースから収集した情報をリアルタイムで比較・分析し、自動車の次の動きに関する決定を行い、該当するシステムにコマンドを送信する必要があります。数ミリ秒という短時間に、しかも連続してこれらすべてを実行しなければならないのです。

自動車の安全性には、適切なソフトウェアインテグレーションが不可欠です。ブレーキやステアリングなどは安全性に不可欠なシステムですが、これらに影響を与える機能の相互依存が高まっているため、自動車メーカーは、これらのアプリケーションが互いに干渉することなくシームレスに機能するようにする必要があります。ドライバー、同乗者、および他の人々の道路上での安全性は、正しく機能するソフトウェア、およびコンポーネントに依存しているのです。

信頼性の高い強力なプラットフォーム

自動車メーカーは、信頼性が高く強力な自動運転のためのプラットフォームを必要としています。EB Automotiveは、自動運転車のためのエンドツーエンドソリューションを提供する体制を整えています。EBは、ナビゲーションと運転支援製品の両方を提供することができる業界唯一の企業となっています。また、EBは高い安全性レベルの認定を受けた電子制御ユニット(ECU)も提供しています。

お問い合わせ

配信登録

当社のニュースレターを購読し、製品の最新情報や最新ニュースをご覧ください。

HTML
Subscribe