By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

完全自動運転

自動車が特許を初めて取得したのは 1886 年。当時は自動運転車という概念は単なる想像に過ぎませんでした。単なる想像は、あとわずか数年で現実のものとして普及することになるでしょう。

完全自動運転車は運転という概念を完全に変えることになります。単にドライバーの介在が不要になるというレベルではありません。完全自動運転車は運転をより楽しいものにして、安全性を大幅に向上させます。自動車事故の約 9 割は人為ミスによるものと考えられています。人工知能 (AI) の発達により、自動車は将来的に自分で考えて人命を救うような判断を下ることができるようになります。実際、自動運転ソフトウェアは、熟練の運転者をも凌ぐスキルと信頼性を実現するでしょう。

自動運転車: 定義

「自動運転」という言葉は文字通りの意味で受け取られていますが、多くの場合、米国自動車技術会(SAE)の5段階のレベルで定義されています。自動化のレベルが低い場合は基本的な運転支援を提供、レベル が高くなるにつれてドライバーの介在が不要になっていきます。

アダプティブクルーズコントロール (ACC) や駐車支援などレベル 1- 2 の機能を備えた車両は、現在既に路上を走行しています。この場合は、ドライバーが常時車両を運転し続ける必要があります。

レベル 3になると、車両のインテリジェンスは大幅に向上します。特定の条件下では、運転者は周囲の環境に注意を払う必要がなくなります。車両は交通状況を把握して、運転に関わる全ての操作を行います。緊急時にはドライバーが対応します。

レベル 4 はさらに完全な自動運転に近付きます。ほとんどの状況や環境において、ドライバーは車両を操作する必要がなくなります。自動車は人間からの指示がなくても確実に走行して、人命を救うような適切な判断をすることができます。ただし、レベル 4 ではドライバーが望む場合や特定の状況では、ドライバーがマニュアルで操作することができます。

レベル 5 は未来の自動運転技術を表すものです。レベル 5 では、運転はもちろん複雑な判断や緊急措置を、全て自動車が実行します。この段階では人間からの指示は不要となり、ハンドルやフットペダルさえなくなります。

課題:考える車両の設計

自動運転車の実現には、高度な AI が必要になります。自動車メーカーは、人間の運転スキルを真似て、超えるような AI システムを搭載した、強力なハードウェアを開発することになります。

課題の一つに、自動運転技術を検証するために、膨大な量の路上テストが必要になることが挙げられます。この新技術をグローバル規模で量産するためには、自動運転機能、車内システム、およびAI ソフトウェアを徹底的にテストして改善する必要があります。車両が安全運転を行い、予想外の運転条件下で確実に緊急措置を取ることができることを確認しなければなりません。このため、自動車メーカーはこの 5 年間だけでも 10 億マイル (16 億 km) 近いテストドライブデータを収集することになりました。しかし、この技術を真に検証するためには、さらに多くのデータが必要です。そのためにメーカーはテストプロセスを加速化するドライビングシミュレーションも利用しています。

EB Assist

 

エレクトロビット(EB)が開発したEB Assistは、この課題を解決するものです。EB Assistは、信頼性の高い自動運転車や完全自動運転車を開発するためのハードウェア/ソフトウェア製品です。自動車メーカーが車両をより迅速に検証・改良して、自動運転車の量産化を加速するようサポートします。

エレクトロビットは自動運転ソフトウェアを提供するトップランナー

EB robinos は、自動運転の実現に向けた主要なソフトウェアコンポーネントです。製品、ソリューション、および専門のエンジニアリングサービスをご利用いただけます。

EB robinos

 

EB robinos を使用すると、次のようなことが実現できるようになります。

  • 周辺環境データを収集し、車両の位置を正確に把握する

  • 車両周囲の静止物と移動物の 360 度モデルをリアルタイムで作成する

  • 高精度地図と路上の他の車両から得られる情報を使用して、前方の道路の正確な情報を作成する

自動運転がもたらすさまざまな価値

完全自動運転車は、単に日常の運転を代替するだけではありません。運転者不要の車両は、まだ一般では考えられていないようなサービスを実現します。

例えば次のようなことです。

  • 公共交通機関や子供・高齢者に特化した輸送手段
  • カーシェアリングや短期のリースカー
  • モバイルアイテムのストレージとセキュリティ
  • オフィスや大学、病院内の短距離輸送
  • 全国および地域での商品の配送

自動運転アプリケーション

 

自動運転車両は全ての社会でメリットがあります。通勤時間を短縮して、より安全で魅力的な運転体験をもたらす自動運転。エレクトロビットは自動運転の実現に向けて貢献していることに誇りをもっています。

 

エレクトロビットは自動車業界向けの高度なソフトウェア開発のグローバルリーダーです。30 年以上に渡って、世界の大手自動車メーカーとの協業により、よりスマートでより安全、運転体験をさらに楽しいものにする車両の開発を進めてきました。

 

EB 製品

EB Assist

インテリジェントで安全、快適な車両の開発に向けたツール類やソフトウェアモジュール、運転支援エンジニアリングサービス

EB robinos

包括的かつハードウェアに依存しない、自動運転向けソフトウェアソリューション

Software for the automotive industry