By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

機能安全

 

security_bootloader_409x175

自動運転などのトレンドによって、機能安全が自動車業界の重要な技術となりました。ますます多くの電子機能が運転を支えるようになる中、安全性の確保が必須要件となります。車載安全システムは、誤動作や事故の場合でも、乗客の安全を確保するために確実に動作することが不可欠です。

これが自動車メーカーが AUTOSAR 基準の電子制御ユニット (ECU) ソフトウェアを必要としている理由です。ECU は ISO 26262 規格に基づいて開発され、最も高度なAutomotive Safety Integrity Level ASIL D まで準拠しています。

利点

安全性の高い基準

ISO 26262 は IEC 61508 機能安全規格に適合するものであり、自動車業界の安全性に関するニーズに特化して開発された基準です。最先端のソフトウェア開発に必要な法的規制を満たすために厳守されるべき基準です。ISO 26262 は「機能の安全性」を、「電気および電子システムの動作不良によって引き起こされる危険性に起因する理不尽なリスクが存在しない状態」と定義しています。ISO 26262 によれば、障害が介在しない状態は基本的要件です。つまり異なるソフトウェアコンポーネントは確実に互いに干渉することなく共存しなければなりません。

明確に定義された安全性レベル

機能安全基準は、Automotive Safety Integrity Level (ASIL) の分類を、ASIL A からASIL D まで分類しています。セーフティ ECU プロジェクトは、開発ライフサイクル全体にわたる要件と措置に関して ASIL A、B、C または D の基準に基づいて格付けされます。

EB のスケーラブルなセーフティソリューション

安全性および ASIL の要件に対応するベーシックソフトウェアアーキテクチャの可能性は多岐に渡ります。適切なアーキテクチャを決定するには、機能安全に関するプロジェクト要件と、システムの性能および保守性を考慮に入れる必要があります。EB では、セーフティアーキテクチャのワークショップ、標準化されたセーフティ関連製品、および開発プロジェクトを支援するコンサルティングサービスを提供しています

 

EBの機能安全

EBは、自動車用ECUの機能安全および ISO 26262 に取り組むリーディングカンパニーです。 EB tresos 製品ラインは EB の豊富な安全性に関する専門知識が反映されています。

EBは以下のお客様にとってのパーフェクトな機能安全に関するパートナーです。

  • 自動車メーカー
  • セーフティ関連機能のサプライヤー
  • セーフティ関連ソフトウェアの開発者
  • セーフティ関連ハードウェアのプロバイダ

 

EBの機能安全製品

EB tresos Safety (英語)

EBの製品は、安全な AUTOSAR ECU の実現のために ISO 26262 に準拠して開発されています。

 

その他の EB tresos 製品および技術との統合

EB tresos AutoCore (英語)

EBのAUTOSAR ベーシックソフトウェアスタックは、機能安全ソフトウェアの基盤となります。

EB tresos Studio (英語)

ベーシックソフトウェアと機能安全プロジェクトの設定および統合ツール。

組み込み型セキュリティ対策

ASIL ソフトウェアは、安全な ECU を実現するために安全な実行環境を必要とします。セキュリティなしの安全性も、その逆もありえません。

運転支援 (英語)

先進運転支援システム (ADAS) は、ISO 26262 に基づく安全なソフトウェア基盤を必要とします。

Software for the automotive industry