By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

車載通信:インフィニオンとエレクトロビットが自動車のデータセキュリティを向上させる

February 27, 2018 

車載の新機能には、相互に、かつクラウドとネットワーク化された電子制御ユニットが不可欠です。組み込みITセキュリティは、その重要な構成要素であり、その役割は、運転支援システム、無線通信によるソフトウェアのアップデート(SOTA)、自動運転車の各種機能にも及びます。

2018年2月27日 エアランゲンおよびミュンヘン  –  車載の新機能には、相互に、かつクラウドとネットワーク化された電子制御ユニットが不可欠です。組み込みITセキュリティは、その重要な構成要素であり、その役割は、運転支援システム、無線通信によるソフトウェアのアップデート(SOTA)、自動運転車の各種機能にも及びます。現在、インフィニオン テクノロジーズ(FSE:IFX/OTCQX:IFNNY)とエレクトロビットは、長期的かつ緊密な協力関係のもと、自動車のサイバーセキュリティ問題に取り組んでいます。両社は、車載通信のパフォーマンスを向上させ、現在および未来のセキュリティ要件も満たす、ハードウェアとソフトウェアが完璧に協調するソリューションを提供します。同ソリューションは、インフィニオンの第2世代 AURIX™(TC3xx)マルチコアマイクロコントローラーと、専用にカスタマイズされたエレクトロビットのEB zentur HSMソフトウェアをベースに構築されています。

インフィニオンのAURIXマイクロコントローラーは、通信プロセスの制御、監視、セキュリティタスクの実行の他、セキュリティプロトコルをサポートします。すべてのTC3xxマイクロコントローラーには、統合されたハードウェアセキュリティモジュール(HSM)が実装されており、暗号鍵を生成し、安全に格納します。HSMには、ハードウェアベースの対称および非対称暗号化アルゴリズム(AES-128、ECC 256)とハッシュ関数(SHA-2)が使用されており、不正操作に対するセキュリティの強化だけでなく、速度の大幅な向上も可能にします。ハードウェアベースのため、ハッシュ値(SHA-256)の計算は、ソフトウェアのみのソリューションと比較した場合、約150倍も高速になります。

これは、RSAの署名認証に直接的な影響を与え、特にSOTAや自動車の自律走行など、膨大な量のデータを扱うアプリケーションでは利点になります。ハードウェアであるAURIXとソフトウェアであるEB zentur HSMの組み合わせは、1秒あたり100以上の署名認証を実行することができます(ECDSA/secp256r1の場合)。現在、ソフトウェアによるRSAの署名は、鍵長やデータ量によっては認証に数秒かかる場合があります。

インフィニオンのChassis & ADAS Microcontrollers担当シニアディレクターであるトーマス ボーム(Thomas Boehm)氏は、次のように述べています。「AURIXマイクロコントローラーは、現在の、そして未来の自動車にとって重要なコンポーネントです。AURIXと調和するソフトウェアを組み合わせることで、自動車のITセキュリティが向上し、関連システムサプライヤーの開発効率を大きく向上させることもできます」

このハードウェア/ソフトウェアソリューションは、AUTOSARに準拠しており、過去のリリース4.2や4.0から、最新のリリース4.3まで適合しています。そのため、容易にEB zentur HSMソフトウェアを導入し、既存のプロジェクトと統合させることができます。

システム起動後のセキュリティ機能は、すべてSecure Bootが基盤になります。電子制御ユニットは、それぞれネットワークに瞬間的にログオンしなければならないため、Secure Bootは膨大なコンピューティングパワーを必要とし、時間的な制約も大きな機能になります。システムが起動されると、メモリの内容を検証し、不正操作の有無をチェックします。インフィニオンとエレクトロビットのソリューションは、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、CMACの計算は毎秒62MBという値を達成しています。また、エレクトロビットのソフトウェアは、AURIXおよびHSMのため特別に調整されているため、1MBのデータを16.2ミリ秒でチェックすることができます。これは、業界最高の性能であり、これまでに記録されている最高速度の2.5倍になります。

エレクトロビットのBusiness Management担当バイスプレジデントであるマルティン シュライヒャー(Martin Schleicher)氏は、次のように述べています。「ソフトウェアが複雑化し、相互に通信する車載システムやセンサーの数が年々増加しているため、外部からの不正アクセスを防止する効率的なセキュリティメカニズムが不可欠になっています。インフィニオンのハードウェアに関するノウハウと、弊社のソフトウェアセキュリティに関する開発経験を生かし、両社が協力することで、電子制御ユニットを確実に保護する理想的なソリューションを実現しています」

詳しい情報

AURIXに関する情報は、 www.infineon.com/aurixをご覧ください。

EB zentur HSMファームウェアに関する情報は、こちらをご覧ください。

 

 

エレクトロビットEB)について

エレクトロビット(EB)は、自動車業界において数々の賞を受賞し、先見性に優れたサプライヤーであり、組込みおよびコネクティッド技術製品・サービスをグローバルに提供しています。業界経験30年以上に及ぶ自動車ソフトウェアのリーダーであるEBのソフトウェアは、9千万台以上の車両、10億以上のデバイスで採用されており、ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)技術、ナビゲーション、運転支援ソリューション、電子制御ユニット(ECU)、ソフトウェアエンジニアリングサービスにおいて柔軟かつ革新的なソリューションを提供しています。EBはコンチネンタルの完全子会社です。

詳細はwww.elektrobit.comをご覧ください。

 

 

お問い合わせ:

Nicole Donhauser
Head of Marketing and Communications
Tel. +49 9131 7701-6446
Mobile: +49 173 532 03 27
Email: Nicole.Donhauser@elektrobit.com

 

池田 真理子
マーケティング担当
Tel. +81 3 6421 7140
Email: Mariko.Ikeda@elektrobit.com

 

Stephannie Depa
Breakaway Communications for EB
Tel. +1 415 358-2485
Mobile. +1 530 864-0136
Email: sdepa@breakawaycom.com

 

Philipp Hanke
Weber Shandwick for EB
Tel. +49 89 380179-48
Email: PHanke@WeberShandwick.com

Software for the automotive industry