課題

マイクロコントローラーの周辺機器を利用するためには、µC固有のドライバーソフトウェアが利用できる必要があります。これらのドライバーをオペレーティングシステムおよびハードウェアに依存しないベーシックソフトウェアに統合すると、プロジェクト実行中に大量の作業が発生したり、またはこのタスクがソフトウェアベンダーによって実行される場合は遅延が生じたりします。

ソリューション

EB tresos Studioを使用すると、AUTOSARファイルをインポートしてベーシックソフトウェアモジュールを設定し、設定の一貫性を確認して、EB tresos AutoCoreなどのAUTOSAR準拠のソフトウェアアーキテクチャ向けのベーシックソフトウェアモジュールのコードを生成できます。AUTOSARソフトウェアはハードウェアに依存しませんが、MCALとOSを経由してハードウェアに接続する必要があります。InfineonへのEB tresosソリューションは、ハードウェアに依存する部分と依存しない部分を組み合わせ、すべてを同じ設定および生成ツールで統合します。Infineon AURIX向けの統合済みのソフトウェアパッケージで、ベーシック標準ソフトウェアをハードウェア固有のドライバーやオペレーティングシステムに統合するためのリードタイムや余分な作業なく、すぐにプロジェクトを開始できます。


メリット

必要なツールをすべて含み、すぐに使える完全なパッケージ


典型的なClassic AUTOSARプロジェクト向けに調整されたベーシックソフトウェア


エレクトロビットがInfineonと協力して開発した、業界最先端のAUTOSAR準拠のベーシックソフトウェアの実装


エレクトロビットのソリューションを直接体験できる評価パッケージが利用可能

 

EB tresos評価パッケージをダウンロード


Infineon向けEB tresosソリューションには次のものが含まれます。

  • EB tresos AutoCore ― Classic AUTOSAR ECU向けのEBのベーシックソフトウェア
  • EB tresos Studio ― ベーシックソフトウェアを設定、生成するための使いやすいツールセット
  • EB tresos AutoCore OS ― オペレーティングシステムと統合のサポート
  • Infineon MCALのEB tresos Studioへの統合


技術詳細