By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

EB のover-the-air (OTA) ソフトウェア更新ソリューション

 

over-the-air技術を利用したECUの更新

セキュリティの問題とは別に、消費者はスマートフォンやコンピュータでの短いイノベーションサイクルに慣れ親しんでいます。車両のソフトウェアをアップデートするのに自動車ディーラーを訪れたり、CD を挿入して更新作業を行う必要はないと考える消費者が増えています。そのため、インフォテインメントシステムのアップデートからオペレーティングシステムのセキュリティパッチ、システム更新、あるいは設定の変更に至るまで、ワイヤレス技術を採用したアップデート方法が最適な選択肢となっています。

EB のover-the-air (OTA) ソリューションは、機密性の高いセキュアな接続ゲートウェイを介した更新処理機能を提供します。

3_ソフトウェア_アップデート_OTA

利点

Over-the-air技術によるアップデートは時間の短縮を実現

新しい機能およびアプリケーションをワイヤレスで提供することで、パフォーマンスが向上し、迅速なアップデートが可能となります。目に見えない形でインフォテインメントシステムに新しい機能を追加したり、ナビゲーションマップを更新することができれば、お客様のブランドに対する顧客の依存度を高めることができます。
十分にインフラが整った環境では、運転中でもソフトウェアのコピー操作を行うことができ、バッテリーの制限を回避することも可能です。この高度なシナリオでは、非常に短時間のアップデート処理が実行可能となります。

車両リコール件数およびコストの低減

リコールは、自動車メーカーにとって、数十億ドルにもおよぶコスト負担となる場合があります。ソフトウェアプラットフォームとしての電子制御ユニット (ECU) を最大限に活用することで、競合他社との競争上の大きな利点となり、リコールの軽減につながります。メンテナンスコストおよび製品保障コストの節約につながる可能性は膨大です。

市場投入時間の短縮による競争上の優位性

自動車開発における製品化スピードの重要性は言うまでもありません。消費者は、車の購入直後でさえ、定期的に新しいイノベーションを望むものです。OTA 更新は、消費者の満足度および製品への依存度を増加させるものです。

新規商品の提供

ソフトウェアは、自動車業界では製品そのものになりつつあります。over-the-air更新方法により、車の購入時だけでなく、車両ライフサイクル全体にわたって最新のソフトウェアを消費者に提供することが可能となります。これにより、新しい収益源が開かれる可能性もあります。

セキュリティに関する最新情報

EB では実績のある暗号鍵管理および暗号化のロジスティクスのノウハウを通じ、機密性の高いソフトウェア基盤を開発しています。

3_製品相関図_ConCar_SW アップデート OTA

主な機能:

  • 低帯域幅のバスシステムで時間を節約するデータ圧縮技術
  • 必要な領域のみを更新する差分更新
  • ローカルストレージ CAN バスにより、従来の中央ストレージとゲートウェイの間のボトルネック部分の処理性能を拡大
  • 分散型機能のフラッシングの際、該当するあらゆる ECU を一斉にフラッシングする必要があります
  • 近い将来: 暗号鍵管理および誘導戦略 (ECU、車両、および車両用) のための暗号ロジスティクスのコンセプトの実現

 

EB のover-the-airソフトウェア更新関連商品、ソリューション、およびサービス

EB cadian

10年の長きに渡り培ってきた EB の診断専門知識を活用した接続によって、インテリジェントなリモート分析サービスの提供を実現します。

EB のセキュリティ関連ソリューション

外部の攻撃からクラウドと車両ネットワークを保護することが EB の最優先事案です。

 EB velima

音声入力による顧客満足度の情報を提供するサービスです。 耳を傾け、知る。

その他のEB製品およびサービスとの統合

EB corbos

ハイパフォーマンスコントローラー向けのAdaptive AUTOSAR製品群

EB tresos (英語)

ECUにおけるオペレーティングシステムは、診断やセキュリティ対策などを可能にする技術の基盤です

Software for the automotive industry