EB corbos Linux

自動車業界向けコンテナベースのLinuxディストリビューション

EB corbos Linuxは、自動車業界向けのコンテナベースのLinuxディストリビューションです。コンテナのコンセプトはOCI(Open Container Initiative)に準拠し、多様なアプリケーション間の依存関係の管理上の主な課題を解決し、顧客向け拡張の多様性を提供し、効率的な保守性を実現するものです。最高の安全性とセキュリティ要件を満たすために、EB corbos Linuxには、強化されたLinuxカーネルとルートファイルシステムが装備されており、全過程におけるシステムの整合性を保証します。またEB corbos Linuxでは、ボードサポートパッケージと多種多様なCPUベンダーの特定のパッチが統合可能です。

メリット

自動車業界の既存のプロセスおよび品質基準に完全に対応

コンテナベースのEB corbos Linuxは、プロジェクトおよび車両のライフサイクルを通して、完全に検証されたアプリケーションおよびカーネルのアップデートに対応しています。

業界をリードする標準テストスイートによって検証およびテスト済

EB corbos Linuxは、例えばOpen Source Automation Development Lab(OSADL)のテストスイートなど、広範囲のLinuxテストパッケージの利用に適しています。

高性能コンピューティングのために最適化されたオペレーティングシステム

EB corbos Linuxのベースディストリビューションパッケージは、一般的なオートモーティブアプリケーションに必要なシステム機能の迅速な起動時間および早期の有用性を目的に設計されています。

車載用Linux OSの詳細と機能

  • セーフティ対応のLinux環境
    EB corbos Linuxは、セーフティ関連アプリケーションソフトウェアの正しい制御フローおよびスケジューリングを保証するための監視メカニズムを提供します。
  • コンテナベースのLinuxディストリビューション
    EB corbos Linuxのコアパッケージは、システムベースの起動とアクティブなコンテナ管理(runc、OCIなど)を統合します。
  • EB corbos AdaptiveCore向けのPOSIX OSとして利用可能
    EB corbos Linuxは、Adaptive AUTOSARプラットフォームを提供するEB corbos AdaptiveCoreと完全に統合可能です。
  • EB corbos Hypervisorとの利用に最適(起動時間など)
    EB corbos Linuxは、EB corbos Hypervisorと完全統合することが可能です。
  • 最新のLinuxセキュリティ措置を実装

    エレクトロビットのセキュリティソリューション(ハードウェアセキュアモジュールなど)に統合され、互換性のあるシステムを起動するのに必要な機能を提供することにより、カーネルのセキュリティ機能を完全にサポートします。このセキュリティ機能には、カーネルアドレス空間レイアウトランダム化(KASLR)、セキュリティ強化Linux(SELinux)、自己検証ファイルシステム(dm-verity)、システム稼動に必要な分の情報のみを提供する最小限のトラステッド・コンピューティング・ベース(TCB)などを含みます。

エレクトロビットのAdaptive AUTOSARソリューションの詳細情報