By using this site you agree to the use of cookies for analytics Learn More

EB corbos Hypervisor

EB corbos Hypervisorは、単一のCPU上で複数のゲストOSを実行するための仮想化環境を提供します。各仮想マシンは、セキュリティ緊急度が高いセーフティ関連のリアルタイムアプリケーションをサポートするため、空間的および時間的に隔離されます。ハイパーバイザは、POSIX互換のオペレーティングシステムカーネル自体を提供するため、ネイティブアプリケーションとゲストオペレーティングシステムとを平行して実行することが可能です。

利点

物理的スペースの節約

複数のゲストシステムを仮想化することで、複数の物理的ECUを1つのハードウェア上で統合することが可能です。

パフォーマンス向上

リアルタイム・ワークロードとベストエフォート・ワークロードの統合がコアレベルで実現可能です。

リソース稼動率の最適化

重要な周辺機器(ボードネットワーク、暗号コア等)へのアクセス制御

最高のセキュリティレベル

信頼性の高い小型のコンピューティング基盤で大半の機能が非特権処理で提供されるマイクロカーネルのコンセプトによって、アプリケーションのためのセキュアなソフトウェア環境を提供します。

EB corbos Hypervisor

主な機能

1つのプロセッサ上で複数オペレーティングシステムを実行

EB corbos Hypervisorは単一のCPU上で複数の仮想マシンを提供し、仮想マシンはそれぞれ別々のオペレーティングシステムをホストすることが可能です。仮想マシンは複数のCPUコアで実行することも、単一のコアを複数の仮想マシンで共有することもできます。

マイクロカーネルアーキテクチャ

EB corbos Hypervisorは、safety element out of context(SEooC)として開発されており、信頼できる実行環境と仮想マシン間における干渉されない”freedom from interference”を提供することによって、最も高い安全性レベルのセーフティアプリケーションをサポートします。

ハードウェアの仮想化

EB corbos Hypervisorでは、利用可能なハードウェア仮想化機能を使用し、ゲストオペレーティングシステムにネイティブ環境を提供します。

仮想マシン間通信

EB corbos Hypervisorでは、仮想マシン間通信向けの通信サービスを複数提供しています。

EB corbos Hypervisor_A

その他の EB corbos 製品との統合

EB corbos Studio

アプリケーション開発およびインテグレーションのための統合開発環境

EB corbos AdaptiveCore

安全でセキュアな高性能コントローラのためのEBのベーシックソフトウェア

EB corbos Linux

最新のAUTOSAR規準に準拠する基盤を提供する高性能CPU用オペレーティングシステム

Software for the automotive industry