EB xelor – イノベーションの基盤

EB xelor – イノベーションの基盤

次世代のHPCアーキテクチャを開発するための
オールインワンのソフトウェアプラットフォーム

お問い合わせ

EB xelorを活用して、ビジネスの成功につながる自社製品の開発に注力

EB xelorはHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を基盤とした、次世代の自動車のE/Eアーキテクチャを開発するための、オールインワンのソフトウェアプラットフォームです。EB xelorは、エレクトロビットの最新の製品やサードパーティのソフトウェア、オープンソースのコンポーネントを統合して、複雑なプロジェクトを管理します。自動車メーカーや部品メーカーがイノベーションを加速して製品の差別化を強化し、量産までの期間を短縮するための基盤となっています。

メリット

時間とコストを削減

EB xelorはすぐにお使いいただけるHPC開発プラットフォームで、導入後当日からアプリケーションをホスティングすることができます。EB xelorは、主要な車載ソフトウェア製品と数千時間に相当するプロジェクトの経験を活かして開発されました。実装済のシステムで、ユーザーの皆様はHPCエンジニアリング作業を約30%削減することができます。

車両のライフサイクルを通してバリューを提供

EB xelorは、エレクトロビットの30年以上にわたるソフトウェア開発と最新の技術が一体となり、車載グレードのセキュリティと安定性を長期的に保証します。EB xelorは更新やセキュリティメンテナンスが継続的に行われ、製品の新機能が追加されていくため、車両が廃車となるまで既存のソフトウェアを再利用、スケーリングすることができます。

イノベーションと差別化に注力

インテリジェントなコネクテッドカーが主流となっていく中で、企業はROI(投資利益率)の最大化につながるようなソフトウェアの差別化を行う必要に迫られています。EB xelorには、安全性と安定性、そしてアップグレード可能な次世代HPC向けソフトウェアスタックの開発に必要な要素が全て揃っています。EB xelorを活用すると、インフラストラクチャの開発に費やす時間を短縮して、自社独自のイノベーションにより多くの時間を取ることができます。

次世代HPCの構築に必要な柔軟性

自動車アーキテクチャは、個別のECU(電子制御ユニット)の複雑なネットワークから、少数の非常に強力なHPCへと進化しています。EB xelorを活用すると、ハードウェアとソフトウェアを分離することができるため、複雑な将来の自動車の設計を効率化することができます。また、統合作業を簡素化して、柔軟性を向上させることができます。

追加費用を抑えて豊富な知識を活用

EB xelorは、あらゆるSoC(system-on-chip)およびHPCユースケース向けに最適化され、さらにプリコンフィグレーションされたスケーラブルなプラットフォームです。EB xelorを活用すると、費用がかかる独自のソフトウェアプラットフォーム開発は不要になります。EB xelorはパッケージ製品で、導入後すぐに使用して、差別化につながらないソフトウェアの開発要件を全て管理することができます。ユーザーの皆様はビジネスの成功につながる自社製品の開発に注力することができます。

業界のリーダーからの継続的なサポート

1億台の車両に10億以上ものデバイスを実装した実績のあるグローバルパートナーが、EB xelorの利用をサポートします。実績のあるグローバルパートナーが、EB xelorの利用をサポートします。

 

 

 

 

EB xelorには、30年以上にわたる車載ソフトウェア開発の実績が、単独の統合プラットフォームに組み込まれています。

主要な機能

  • NXP S32GとRenesas R-Car H3など、次世代SoCデバイスを採用。最新のHPCの開発環境に向けて最適化
  • ビルドの自動化と統合の促進のためのツールやサービスを統合
  • RenesasおよびNXPの高度なサードパーティのソフトウェアを採用
  • 継続的なアップデートと検証済みのインテグレーションで、車両のライフサイクルを通して車載グレードのセキュリティと安定性を実現
  • 複雑なHPC要件を満たすための幅広いシステムコンフィグレーション機能
  • ソフトウェアの再利用と相互運用性、スケーラビリティが継続的に可能
  • ボディコントローラーやUX(ユーザーエクスペリエンス)システム、ADAS(先進運転支援システム)などさまざまなユースケースに対応

含まれる製品内容

EB tresos

Classic AUTOSARのベーシックソフトウェア、オペレーティングシステム、およびカスタマイズされたツール環境

EB corbos AdaptiveCore

安全でセキュアな高性能コントローラ向けのソフトウェアベース。新しいAdaptive AUTOSARプラットフォームに準拠する包括的ソフトウェアフレームワークを提供します。

EB corbos Hypervisor

単一のCPU上で複数のゲストOSを実行するための仮想化環境を提供。仮想マシンは空間的および時間的に隔離され、セキュリティの重要度が高いセーフティ関連のリアルタイムアプリケーションをサポート。

EB corbos Linux

自動車業界向けのコンテナベースのLinuxディストリビューションで、さまざまなアプリケーション間の依存関係管理の課題を解決。お客様のカスタマイズに柔軟に対応して、長期に渡る効率的な保全性を実現。

AUTOSARに基づくエレクトロビットのECUソフトウェアソリューションの詳細情報

成功事例:VWの新型EV、「ID.3」

「ID.3」はVW初のEV(電気自動車)で、少数の強力なHPCで駆動される次世代アーキテクチャが特長です。

VWはエレクトロビットの製品ラインから、複数の主要なソフトウェアパッケージを利用しています。その多くは現在ではアップグレードされ、完全な統合製品としてEB xelorに組み込まれています。エレクトロビットのソフトウェアは、ICAS1ボディコントローラーおよびゲートウェイ、ICAS3インフォテインメント、OCU4車載通信ユニット、トランシーバーモジュールなど、VWによるID.3の複数のECUの開発に貢献しています。

 

記事全文を読む